相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

養子縁組前の3年内加算について

養子縁組前の3年内加算について

相続税はその法定相続人が多いほど非課税対象額が多くなることはご存知の方が多いはずです。課される相続税の対象財産はどこまでのことを指すのでしょうか。

相続税の節税対策として一般的なのは生前贈与、つまり財産の一部を相続人に移し替えることで、後々発生する相続税を減らすという方法です。

生前贈与の場合、すでに贈与税を納税したことで相続税を納税しなくてもよいだろうと思われがちですが、相続税には3年以内加算の原則があり、相続が開始した日から3年前まで遡り遺産とされ、生前贈与分にも相続税が課されます。

養子縁組により法定相続人をふやすことで課税額を減らすことも可能ですが、法定相続人として認められる養子の数は被相続人に実子がいる場合は1人、いない場合は2人までと決められていますし、養子縁組についてもこの3年内加算は適応され、養子縁組前か養子縁組後であるかを問わず、相続開始から3年以内の贈与については相続税が加算されます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続に関し区役所、銀行など自分ができる手続きでいっぱいいっぱい大変な状況時、 全てチェスター吉原さん今田さんにおまかせ、長野で時間も取れずいろいろな面にて感謝しています。 相続税申告書等を送っていただきひと安心。ありがとうございました。

真摯にご対応いただいたので、安心してお願いできました。

相続は初めての経験で精神的な敷居が高かったのですが、自宅に来ていただき、わかりやすい説明をしてくださったので、助かりました。特にありがたかったのは、私共がいつまでに何をすればいいかをきちんと伝えて下さったことと、不明な点、不安な点に関する質問に即座に […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る