相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

お気に入り
登録
お電話

お問い
合わせ

特定資産とは(事業承継税制)

特定資産とは(事業承継税制)

特定資産とは(事業承継税制)

特定資産とは、不動産証券化において、資産流動化法と投信法によって主たる投資対象として規定され運用される資産のことを指し、国債、地方債、株券などの有価証券(一定の子会社の株式等を含む)、現在使用していない不動産、ゴルフ場、スポーツクラブ、リゾート会員権などの施設の利用に関する権利、書面骨董、貴金属、現金、預貯金、同族関係者への貸付金及び未収入金などといった特定の目的のために、保有、運用方法等に制約のある金融商品及び土地、建物等をいい、国定資産の区分の一つとして計上されます。

なお、特定の目的とは、単に法人活動のためという広い目的ではなく、具体的な事情を行うために保有している資産であり、そのような資産であることを財務諸表を通して表明することになります。

典型的な項目としては、退職給付引当資産、特定費用準備資金、資産取得資金等が含まれます。

この他にも、将来の特定の目的のために引当資産を計上する場合にも認められます。

 

相続専門税理士が対応します!/

関連性が高い記事

中小企業自社株の評価はどのように算出するのか

自社株ってどうやって評価する? 上場株式でしたら、証券取引所等で流通しているため、現在の市場価格(株価)がすぐにわかるので、簡単に評価額を算出することができますが、中小企業のように市場価格がない会社の株式は自分で評価額を算出する必要があります。相続対 […]

自社株を生前贈与する上での注意点と節税の効果を教えて下さい

生前贈与で計画的な事業承継を (1)贈与税の確認 贈与する際には、税率表により贈与税がかかるかどうか確認しましょう。 (贈与株式の相続税評価額-110万円)×税率-控除額=贈与税額 ※ 税率については、平成25年度税制改正により改正され、平成27年1 […]

株式交換による自社株評価の引き下げ

株式交換の活用 株式交換を行うことにより、株式の評価額を下げることができるのは以下のような場合です。 『株式評価額の低い会社を親会社とし、株式評価額の高い会社を子会社とする』 株式評価額の低い会社と高い会社をそれぞれ所有していた場合、相続税の財産評価 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る