相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

非後継者のための付随合意とは

非後継者のための付随合意とは

付随合意とは遺留分の特例に関係してくる合意の一つです。

特例を利用するには、除外合意と固定合意のどちらかまたは、両方の合意をする必要があります。その合意の際、付随合意があります。

それには、後継者が贈与をについて(株式以外の財産で、事業用の不動産など)遺留分にかかわる民法の特例制度を利用できます。

特に遺留分算定基礎財産から除外できるもので、後継者のための付随合意と非後継者のための付随合意があります。

非後継者のための付随合意

後継者の付随合意とは、後継者が贈与等を受けた株式以外の財産(事業用の不動産等)を遺留分算定基礎財産から除外できます。しかし、非後継者の付随合意とはどのようなものでしょうか。

それは、後継者と非後継者との双方の衡平を図ることが目的です。

そのため、旧代表者から非後継者へ贈与を受けた場合、除外合意また後継者から非後継者へ交換条件を合意することです。

民法特例に関係する合意の対象を、後継者が旧経営者からの贈与等により得た株式等やその他の財産に限定すると、後継者が利益をため、後継者と非後継者との間の衡平を害し、非後継者の同意を得るのが困難となります。

そのため、非後継者が旧経営者からの贈与などにより得た財産についても、遺留分算定基礎財産から除外しています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

担当者の方がとても相談しやすくわかりやすく説明してくれたので助かりました。

期限の迫った申告でしたが、迅速に対応頂き、頼もしかったです。ありがとうございました。

大変気持ち良くお仕事の話し合いをして下さいました。 息子の希望した書面添付制度又、金銭面においても満足でした。 この後も何か相談したい事がありましたらお電話します。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る