相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続した債務の放棄

相続した債務の放棄

相続する際の財産には、借金などの債務も含まれるという話は以前にもしました。しかし、亡くなられた方に債務が多く、かえってマイナスになってしまうのでは相続する方としては大変です。

そこで、民法は、相続をするかしないかを選ぶ権利を認めています。選択肢としては、単純承認、限定承認、相続放棄とがあります。

単純承認は、プラスになるものもマイナスになるものも全て引き継ぐこと、限定承認は、プラスになるものの範囲内でマイナスになるものを引き継ぐこと、相続放棄は、プラスになるものもマイナスになるものも全てを放棄することです。

相続放棄も限定承認もしない場合には、自動的に単純承認したものとみなされます。

債務を放棄する場合には、家庭裁判所に申し立てて相続放棄をします。債務の放棄を申し立てるには、相続が開始したことを知ったときから三ヶ月いないにしなければなりません。

ただし、財産の詳細を調査するのに時間を要するときには、家庭裁判所に請求し、さらに三ヶ月期間を延長することができます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

・説明が分かりやすい ・無駄な話がなく簡潔で、丁寧で分かりやすい。 ・親切 ・すみやかに対応してくれる。

今まで、税理士さんと関わることがなくて、最初にお会いする時は、緊張してしまいました。しかし、穏やかで丁寧に説明してくださるので、安心いたしました。いろいろとお世話になりまして、ありがとうございました。

相続に際し、全く知識の無い者にも、親切丁寧な対応をして下さった。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る