相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続と養子縁組の関係

相続と養子縁組の関係

相続と養子縁組の関係

養子縁組という言葉は、よく耳にする言葉でもあります。養子縁組された親子関係もしくは兄弟姉妹関係は、相続にどのように影響するのかここで紹介します。

まず、養子縁組が普通養子縁組と特別養子縁組に分けられることからです。一般に養子縁組と呼ばれているものは普通養子縁組に当たります。

この普通養子縁組は、養親と養子になるものの間に親子関係が発生し、また実親との親子関係も継続されます。

一方で特別養子縁組は、養親と養子になるものの間に親子関係が発生すれば、実親との親子関係は消滅します。この点が普通養子縁組と特別養子縁組の一番の違いと言えます。

この養子縁組の分別より、特別養子縁組をした養子は実親との相続関係は消滅しその権利はなくなります。

しかし、普通養子縁組の場合は、実親との親子関係はつながったままの為、実親が被相続人となった場合には相続人となります。これは親側も同じことが言えます。

また兄弟姉妹が相続人になる場合の相続分が民法で定められており、片親だけを兄弟姉妹と同じにする相続人は、両親ともを兄弟姉妹と同じにする相続人の二分の一となっています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

遺産相続税申告の手続きには期限がありますが、初めての作業という事もあり、「何から手を付けるか」という事から戸惑いがありました。 相続税申告について依頼させていただいた結果、不明点については明確に解り易く教えていただきました。 また的確なアドバイスをい […]

何事にも協力していただける事に大変満足しております。

初めての相続でわからなかったが、提出書類など一覧表になっておりわかりやすかった。 返信封筒もセットされていて手間もかからなかった。完了後きちんとファイル化されていて良かった。 司法書士の依頼もワンストップでできてとても助かった。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る