相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続と養子縁組の関係

相続と養子縁組の関係

養子縁組という言葉は、よく耳にする言葉でもあります。養子縁組された親子関係もしくは兄弟姉妹関係は、相続にどのように影響するのかここで紹介します。

まず、養子縁組が普通養子縁組と特別養子縁組に分けられることからです。一般に養子縁組と呼ばれているものは普通養子縁組に当たります。

この普通養子縁組は、養親と養子になるものの間に親子関係が発生し、また実親との親子関係も継続されます。

一方で特別養子縁組は、養親と養子になるものの間に親子関係が発生すれば、実親との親子関係は消滅します。この点が普通養子縁組と特別養子縁組の一番の違いと言えます。

この養子縁組の分別より、特別養子縁組をした養子は実親との相続関係は消滅しその権利はなくなります。

しかし、普通養子縁組の場合は、実親との親子関係はつながったままの為、実親が被相続人となった場合には相続人となります。これは親側も同じことが言えます。

また兄弟姉妹が相続人になる場合の相続分が民法で定められており、片親だけを兄弟姉妹と同じにする相続人は、両親ともを兄弟姉妹と同じにする相続人の二分の一となっています。

相続・各種手続き・お困りごとなど
「相続に関するご相談ならおまかせください!」

\電話からのお問い合わせはこちら!/

アイコン0120-992-430

平日:9:00 - 18:00土曜:9:00 - 17:00

\webからのお問い合わせこちら!/

無料相談をする

※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税申告・お見積り・面談予約など
「相続税申告に関するご相談ならおまかせください!」

\電話からのお問い合わせはこちら!/

アイコン0120-888-145

平日:9:00 - 20:00土曜:9:00 - 17:00

\webからのお問い合わせこちら!/

無料相談をする

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続という慣れないことで不安でしたが、担当の方のご対応がすばらしく安心してお願いすることができました。 申込後の応答や質問した時の回答の早さ、郵便は追跡番号のある物でやりとりと過不足のない対応をしていただき、ありがとうございました。

スムーズな対応で安心してお願いできました。ありがとうございました。

大変お世話になりました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る