相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続人の調査の方法

相続人の調査の方法

人一人の人生は長く、複雑な経過をたどっていることは珍しくありません。被相続人である故人の生涯を100%すべて把握しているつもりであっても、遺産相続という手続きの中でそれは時に確信の持てないものとなります。

それは、被相続人個人だけの問題ではないからです。遺産相続は相続されるものすなわち被相続人と相続するものすなわち相続人との間の手続きです。

相続人となる者には、民法での定めがあります。その順位も定められています。相続が始まった時点でその相続人の状況がどのようになっているかは、誰にも確定できません。

遺産相続が始まった段階で、まず相続人を確定する必要があります。最初に被相続人の出生から死亡まですべてを確認できる戸籍や除籍、改製原戸籍を揃えます。

戸籍にはどこからどこへという戸籍の移動が確認できますので、その戸籍に記されている記載を辿り前に前に戻りながら出生時までの戸籍を揃えます。戸籍は市区町村役場で取得でき、場所が遠方の場合は郵送での取り寄せも可能です。

相続人が兄弟姉妹の場合であれば、被相続人の両親の出生から死亡までの一連の戸籍確認書類の取得が必要となります。代襲相続がある場合は、被代襲相続者の出生から死亡までの一連の戸籍確認書類も取得しなければ、その確証はできません。

このように、相続人の人数及びその関係、構成の別で調査に必要となる戸籍書類数は全く変わってきます。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る