相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続放棄の期限の注意点

相続放棄の期限の注意点

相続放棄の手続きをする際に、その申し立てする期限があることを十分理解した上で手続きを行わなければいけません。期限内に申し立てを行わなければ、一般的には単純承認したと判断されます。

まず、相続放棄の申し立てができる期限です。これは相続が開始し自らが相続人であることを知った時点から3カ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申し立てをする必要があります。

しかし、相続放棄をするにも被相続人の遺産調査をしっかりと行った上で決める必要がある場合など、その遺産調査目録が3か月以内に完成しない場合があります。そのような場合は、同じく家庭裁判所に期間の延長を申し立て請求することができます。

また、遺産放棄をせずに3か月以上が過ぎ、その後に借金などの遺産が残されていたことが判明した場合などは、借金などのマイナスの遺産の存在を知ってから3カ月以内に相続放棄の申請を家庭裁判所に申し立てれば、それが認められる可能性もあります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

お陰様でスムーズに相続税の申告が完了しました。御社にお願いして良かったです。ありがとうございました。

本日午前、チェスターからの「相続申告書」控を受け取りました。全書類約175枚の膨大な書類をファイルにして、これを相続人全員に配るとは、その仕事の丁寧さにびっくりしました。税務署に提出したものすべてのコピーですね。 報酬をいくら払ったのか覚えていません […]

相続だと毎年のことではなく、スポットでの依頼なので、お互いたいへんだと思いました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る