相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

認知していた子がいる場合の相続

認知していた子がいる場合の相続

遺産相続を機会に、小さいころから育った兄弟姉妹の他にも自分たちに異母兄弟や異父兄弟がいたことが分かることもあります。被相続人が生前に認知していた子がいる場合です。

被相続人に認知していた子がいる場合、その子に相続権はあるのでしょうか。

実子、いわゆる嫡出子に対して実父は認知はできません。

それは、法律で婚姻関係にある夫婦から生まれた子は父親と母親をその夫婦とすると定められているからです。

よって、認知が存在するのは非嫡出子といって、婚姻関係にない男女間に生まれた子のことを言います。子を認知するということは、その生理上の父または母がその子との間に血縁上の親子関係が存在することを認めることです。

よって、法律上認知された子はその身分を保証されることになります。

被相続人に認知した子がいた場合、前述の理由からその子には相続人になる権利があります。しかし、相続分の割合は嫡出子と非嫡出子で同じとしません。非嫡出子の相続分は嫡出子の2分の1と定められています。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る