相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

認知していた子がいる場合の相続

認知していた子がいる場合の相続

遺産相続を機会に、小さいころから育った兄弟姉妹の他にも自分たちに異母兄弟や異父兄弟がいたことが分かることもあります。被相続人が生前に認知していた子がいる場合です。

被相続人に認知していた子がいる場合、その子に相続権はあるのでしょうか。

実子、いわゆる嫡出子に対して実父は認知はできません。

それは、法律で婚姻関係にある夫婦から生まれた子は父親と母親をその夫婦とすると定められているからです。

よって、認知が存在するのは非嫡出子といって、婚姻関係にない男女間に生まれた子のことを言います。子を認知するということは、その生理上の父または母がその子との間に血縁上の親子関係が存在することを認めることです。

よって、法律上認知された子はその身分を保証されることになります。

被相続人に認知した子がいた場合、前述の理由からその子には相続人になる権利があります。しかし、相続分の割合は嫡出子と非嫡出子で同じとしません。非嫡出子の相続分は嫡出子の2分の1と定められています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

少し時間がかかりましたが、父の相続時のときと同様、ていねいな対応をしていただき、ありがとうございました。

お陰様でスムーズに相続税の申告が完了しました。御社にお願いして良かったです。ありがとうございました。

・親身かつ的確な対応 ・迅速な対応 ・ビジネスマナー

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る