相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続では遺産分割協議書の作成が必要?

相続では遺産分割協議書の作成が必要?

遺産分割協議後に作成される遺産分割協議書ですが、この作成は相続において必ず必要なのでしょうか。

相続財産があり、それを相続する前提で行われる遺産分割協議の協議書ですから、作成は必要です。

それは、財産相続後に各相続人の財産として継続されるわけであり、その財産を自らの所有権の元にあることを証明する為の各手続きの際に遺産分割協議書の提出を求められるからです。

たとえば、相続登記がそれに当たります。

土地や建物など被相続人名義であった財産を相続した後、その名義を自らのものに登記手続きします。

その際に遺産分割協議書を添えて手続きしなければ相続登記は行えません。

また、相続税の申告手続きの際にもこの遺産分割協議書の提出を求められます。

他では、被相続人の預貯金を相続した場合です。

預貯金の名義変更をする場合、対象となる銀行から遺産分割協議書の提示を求められる場合もあります。

各手続きを行う機関は、その名義変更手続きの際に対象となる物件が相続人が相続したものであることを確認しなければなりません。

よって、これらの遺産相続分割協議書の提出を求められるのです。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

色々お願いした事にきちんとご対応頂きました。 ご説明/解説頂いた内容も判り易く、プロの仕事をされていると感じました。

・最初の相談時に、高いプロ意識と業務に対する誠意を感じました。 ・詳細の説明時の行程表通りにほぼ手続きが進行していき、信頼感が増しました。 ・全体を通して依頼人をお客様として捉える接客態度に好感を持ちました。

(1)何も知らない小生に対して、親切にていねいに指導してくださった。   Mailでの質問が的確で、整理もすぐれていたためストレスゼロでした。 (2)母親資産に関しても明確にすることができた。 (3)2回の訪問のみでcloseすることができた。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る