相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

推定相続人の廃除について

推定相続人の廃除について

被相続人の意思により推定相続人の相続権を排除できる制度があります。

排除する対象となるのは、遺留分の資格を持つ推定相続人に限られており、遺留分を持たない兄弟姉妹は対象外となります。

しかし、相続の順序の規定に見られるように推定相続人の排除を受けても、直系卑属である対象者の子は代襲相続を認められています。

推定相続人の排除は管内の家庭裁判所に被相続人が申し立てることにより手続きできます。

被相続人の生前でなくとも、遺言で推定相続人の排除の記載がある場合はその遺言執行者が家庭裁判所に申し立てます。推定相続人の排除に理由として、対象者が被相続人に対して虐待をしていたり、重度の侮辱を加えていたりした場合や、その他の著しい非行があった場合で、家庭裁判所は内容に基づき審判を下します。

審判が確定した後、推定相続人排除届けと市町村区役場に提出することで、推定相続人の戸籍にはその旨身分欄に記入されることとなり、推定相続人はただちに相続権を失うということです。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初回の面談以降ずっと、相続税の扱いに非常に慣れている様子で安心できました。ほんの少しでも不安に思った事があれば、電話ですぐ対応して頂けた事も、丁寧で親身な印象を受けました。 戸籍を取りに行ったり、銀行の残高証明を取る等、自分でできる事は自分で行い、土 […]

初めての相続で、全くわからない状況でご相談させて頂きましたが、 不明な点もメールで気軽に問い合わせすることもでき、助かりました。 司法書士の方も紹介して頂いたので引き続き実家の名義変更でお世話になっています。 相続専門の方にお願いできるので安心感があ […]

  近岡先生のていねいなお仕事ぶり、細やかな気配り、高い専門能力から、 終始、安心感を持って進めることができました。 納期、業務の品質ともに申し分ありません。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る