相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

祭祀承継者とは

祭祀承継者とは

祭祀継承者とは、祖先の祭祀を主宰するものであり、主宰するにあたり必要とされる系譜や祭具、また墳墓等を所有する者を指します。

祭祀継承者は必ず相続人でなければいけないということではありません。

相続人以外でも祭祀継承者になれます。

では、どうやって祭祀継承者を決めるかですが、もし遺言が残されておりそこに祭祀継承者が指定されていればその者がなります。

もし、遺言などでの指定がない場合は各地方や家庭の習慣により祭祀継承者が決められます。

それでも祭祀継承者が決まらない場合は家庭裁判所の調停や審判を通して継承者が決められることになります。

祭祀継承者になったものは、祖先の祭祀を主宰し各決定事項を決めていきますが、それが法律で義務化されているわけではありません。

よって、祭祀継承者が継承後祭祀を営むかどうかは本人の意思に基づくものであり、また継承者として継承した祭祀財産を処分することも可能であるのです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続についてネットで調べてみたものの分からないことばかりで困っていましたが御社に依頼して安心でき良かったです。 必要書類の確認をしていくなかで気付いた問題にも丁寧に対応して頂き、ありがとうございました。

お世話になりありがとうございました。

両親を同時に亡くし、生前に相続税申告が必要とは夢にも思っていなかったため、右も左もわからない状態でのスタートでしたが、お蔭様で、何とか期限までに無事に手続きを済ませることができました。 ネットの検索で貴社のホームページを見つけ、恐る恐る電話をかけた日 […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る