相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺産分割の禁止とは

遺産分割の禁止とは

遺産分割の禁止とは、遺産の分割に関して相続人の間でもめ事が生じそうだと予測される時、もしくは生じたときに分割を停止する制度のことです。

分割の禁止は、相続の開始から5年以内の範囲で期間を定めることができます。

遺産分割の禁止を決める方法は遺言による場合、協議による場合、調停による場合、審判による場合があります。

被相続人は自分の死亡後、遺産分割について相続人がもめると予想される場合に、遺言によって遺産分割の禁止を指示することができます。

これが遺言による場合です。

また、相続人が共同で事業を相続する場合など、遺産の内容によりただちに分割しない方が妥当だと考えられるようなケースでは、相続人間の協議によって分割をしないと決めることができます。

しかし、この協議がうまくいかず、相続人の間で意見が分かれてしまった場合は、家庭裁判所に分割禁止の調停を申し立てることができます。

さらに、相続人の資格や遺産の範囲に関して争いがある場合など、特別な事情がある場合は、審判を依頼して分割の禁止を決めることができます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

HPがとてもわかりやすく依頼することを決めましたが、短期間の日限にもかかわらず、親切・丁寧に説明いただき、迅速に手続きを済ましていただき大変助かりました。ありがとうございました。

全体として、迅速に処理してくださったと思います。メールでのやり取りがメインだったので、忙しい時期にはありがたかった。

大変気持ち良くお仕事の話し合いをして下さいました。 息子の希望した書面添付制度又、金銭面においても満足でした。 この後も何か相談したい事がありましたらお電話します。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る