相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

死亡時に行う手続き

死亡時に行う手続き

親族が死亡した時に行わなければならない手続きは、以下のとおりです。

まず、死亡届の提出です。

これは、死亡の事実を知ってから7日以内に行わなければなりません。

また、この届出がなされなければ、火(埋葬)許可証が発行されず、火葬もしくは埋葬を行うことができません。

これが済んだなら、次は金融機関への届出を行います。

金融機関へ死亡の届出がなされると、その時点で故人名義の預金は凍結され、引き落としは不可能になります。

また、必要な場合は公共料金の名義を変更し、引き落とし先の変更も行わなければなりません。

次に、国民年金や厚生年金の停止手続き、健康保険証、年金手帳、運転免許証などの返却を行います。

また、故人が会員となっていた団体などがあれば、そちらへ退会届を出すことも忘れてはなりません。

その後、準確定申告を行います。

準確定申告とは、死亡した年の1月1日から死亡した日までの所得税申告です。

個人が会社員だった場合は、会社が行ってくれることもありますが、自営などの場合は遺族が行わなければなりません。

また、この時に医療費控除の手続きもあわせて行いましょう。

その後は、もらう費用の請求です。

葬祭費もしくは埋葬料、生命保険の保険金などの請求を行い、また国民年金や厚生年金の遺族年金の手続きを行います。

そして、最後に行うのが遺産相続手続きです。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る