相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

死亡時に行う手続き

死亡時に行う手続き

親族が死亡した時に行わなければならない手続きは、以下のとおりです。

まず、死亡届の提出です。

これは、死亡の事実を知ってから7日以内に行わなければなりません。

また、この届出がなされなければ、火(埋葬)許可証が発行されず、火葬もしくは埋葬を行うことができません。

これが済んだなら、次は金融機関への届出を行います。

金融機関へ死亡の届出がなされると、その時点で故人名義の預金は凍結され、引き落としは不可能になります。

また、必要な場合は公共料金の名義を変更し、引き落とし先の変更も行わなければなりません。

次に、国民年金や厚生年金の停止手続き、健康保険証、年金手帳、運転免許証などの返却を行います。

また、故人が会員となっていた団体などがあれば、そちらへ退会届を出すことも忘れてはなりません。

その後、準確定申告を行います。

準確定申告とは、死亡した年の1月1日から死亡した日までの所得税申告です。

個人が会社員だった場合は、会社が行ってくれることもありますが、自営などの場合は遺族が行わなければなりません。

また、この時に医療費控除の手続きもあわせて行いましょう。

その後は、もらう費用の請求です。

葬祭費もしくは埋葬料、生命保険の保険金などの請求を行い、また国民年金や厚生年金の遺族年金の手続きを行います。

そして、最後に行うのが遺産相続手続きです。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続手続きがこんなに大変だとは思っていませんでした。 山本先生、木下先生には細かく説明を頂き有難うございました。 益々のご活躍を祈念しております。

自分たちで申告するには、あまりに難しい作業でしたので、いろいろと調べて、チェスターさんに連絡しました。 担当の中川先生は、大変親身になって丁寧に説明をしてくださいました。 相続税のことだけでなく不動産の名義変更や売却についてもいろいろとご助言をいただ […]

初めての経験でしたのでていねいにわかりやすく対応して頂き安心して依頼することができました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る