相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

死亡時に行う手続き

死亡時に行う手続き

親族が死亡した時に行わなければならない手続きは、以下のとおりです。

まず、死亡届の提出です。

これは、死亡の事実を知ってから7日以内に行わなければなりません。

また、この届出がなされなければ、火(埋葬)許可証が発行されず、火葬もしくは埋葬を行うことができません。

これが済んだなら、次は金融機関への届出を行います。

金融機関へ死亡の届出がなされると、その時点で故人名義の預金は凍結され、引き落としは不可能になります。

また、必要な場合は公共料金の名義を変更し、引き落とし先の変更も行わなければなりません。

次に、国民年金や厚生年金の停止手続き、健康保険証、年金手帳、運転免許証などの返却を行います。

また、故人が会員となっていた団体などがあれば、そちらへ退会届を出すことも忘れてはなりません。

その後、準確定申告を行います。

準確定申告とは、死亡した年の1月1日から死亡した日までの所得税申告です。

個人が会社員だった場合は、会社が行ってくれることもありますが、自営などの場合は遺族が行わなければなりません。

また、この時に医療費控除の手続きもあわせて行いましょう。

その後は、もらう費用の請求です。

葬祭費もしくは埋葬料、生命保険の保険金などの請求を行い、また国民年金や厚生年金の遺族年金の手続きを行います。

そして、最後に行うのが遺産相続手続きです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

電話、メールでの対応が、きめ細く満足でした。

お世話になりました。

相続をどのように進めたらよいのか不安な中で、やるべきことを明確にご指示頂き、細かな事項もひとつずつ確認頂いたので、その流れに乗って順調に手続を進めることができました。 専門的なことも時間を惜しまず丁寧に説明して貰えたので、相続手続全体がよく理解出来ま […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る