相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

預金を相続する方法

預金を相続する方法

まず、故人名義の預貯金額を調べます。

通帳と届出印鑑を金融機関に持参すれば、金融機関が残高証明書を発行してくれるので、調べることができます。

注意すべきは、相続財産の範囲は必ず故人死亡日の残高で考えなければならないということです。

次に、相続人の確定を行います。

相続人全員が個人の預貯金を受け継ぐ権利を持っていますので、亡くなった方の戸籍謄本や相続人の戸籍謄本を調べ、相続人全員をはっきりさせなければなりません。

相続人を確定したところで、預貯金をどのように分割するか話し合いを行います。

法律に則って分割するのか、だれか一人が全部を受け継ぐのかは、この話し合い次第で自由に決めることができますが、最終的に相続人全員の意見が一致し、全員が協議書に署名、押印をしなければ誰も預貯金を相続することはできません。

相続の仕方が決まったら、必要な書類を揃えます。

金融機関によって必要書類が異なる場合があるので、事前に窓口で確認する必要がありますが、一般的に、
・依頼書(取引金融機関の専用の書式)
・遺産分割協議書
・相続関係を証明する戸籍謄本類
・相続人全員の印鑑証明書
が必要となります。

これら必要なものがそろったら、金融機関の窓口に提出すれば、預金の相続手続きは完了です。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

このたびは大変お世話になりました。 何もわからない状態でのスタートでしたが、的確なアドバイスをいただき、終了することが出来ました。 実績が豊富なチェスターさんだからこそと思っております。ありがとうございました。

☆丁寧でわかり易く説明して下さりました。  依頼した時点で期限が過ぎていたので(相続税)私への書類の提出期限をつけてくれると  もう少し早く完了したかもしれないと思った。 ☆他の人にも相談されたらぜひおススメしたいと思います。

他と比較しようもないが丁寧に対応して頂いて、不満はない

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る