相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

預金を相続する方法

預金を相続する方法

まず、故人名義の預貯金額を調べます。

通帳と届出印鑑を金融機関に持参すれば、金融機関が残高証明書を発行してくれるので、調べることができます。

注意すべきは、相続財産の範囲は必ず故人死亡日の残高で考えなければならないということです。

次に、相続人の確定を行います。

相続人全員が個人の預貯金を受け継ぐ権利を持っていますので、亡くなった方の戸籍謄本や相続人の戸籍謄本を調べ、相続人全員をはっきりさせなければなりません。

相続人を確定したところで、預貯金をどのように分割するか話し合いを行います。

法律に則って分割するのか、だれか一人が全部を受け継ぐのかは、この話し合い次第で自由に決めることができますが、最終的に相続人全員の意見が一致し、全員が協議書に署名、押印をしなければ誰も預貯金を相続することはできません。

相続の仕方が決まったら、必要な書類を揃えます。

金融機関によって必要書類が異なる場合があるので、事前に窓口で確認する必要がありますが、一般的に、
・依頼書(取引金融機関の専用の書式)
・遺産分割協議書
・相続関係を証明する戸籍謄本類
・相続人全員の印鑑証明書
が必要となります。

これら必要なものがそろったら、金融機関の窓口に提出すれば、預金の相続手続きは完了です。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る