相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続後に銀行で行う手続きについて

相続後に銀行で行う手続きについて

銀行などの金融機関は預貯金口座の名義人の死亡を知ると、その口座を凍結します。

故人の預貯金は故人の死亡した時点で相続財産になるので、その遺産を守るため、入金、送金、引き出しなどをできないようにするのです。

所定の手続きを行わなければ凍結された預貯金を引き出したり、名義変更を行ったりすることはできませんが、それには相続人全員の署名・押印がされた遺産分割協議書が必要ですから、協議がまとまった後おこなうことになります。

では、凍結解除や名義変更をするにはどのような書類が必要なのでしょうか。

まず必要になるのが、被相続者(故人)の出生してから死亡までの戸籍謄本です。

また、相続人の戸籍謄本も必要です。

このほかに、遺産分割協議書、相続人全員の印鑑証明の提出も求められます。

これらの書類を各銀行の所定の用紙とともに提出します。

場合によっては必要な書類が異なることがあるので、事前に預貯金先の銀行に問い合わせるとよいでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

分かりやすく説明していただき、ありがとうございました。

初回相談時からこちらの意図を素早く理解していただき頼れる事務所だと思い、 他の事務所の相談会に行くつもりでしたが、一度話を持ち帰り家族と相談しこちらに決めさせて頂きました。 担当のお二人も話し方も丁寧でこちらの質問にもすぐに答えていただき、 進行状況 […]

とても知識があり、話しやすく完ぺきな税理士さんで安心しておまかせできました。 メールを使っていろいろな書類のやりとりができて助かりました。 わが家の複雑な相続をキレイにまとめてくださって、相続税も思っていたより安くしていただけて本当に感謝しています。 […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る