相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続後に銀行で行う手続きについて

相続後に銀行で行う手続きについて

銀行などの金融機関は預貯金口座の名義人の死亡を知ると、その口座を凍結します。

故人の預貯金は故人の死亡した時点で相続財産になるので、その遺産を守るため、入金、送金、引き出しなどをできないようにするのです。

所定の手続きを行わなければ凍結された預貯金を引き出したり、名義変更を行ったりすることはできませんが、それには相続人全員の署名・押印がされた遺産分割協議書が必要ですから、協議がまとまった後おこなうことになります。

では、凍結解除や名義変更をするにはどのような書類が必要なのでしょうか。

まず必要になるのが、被相続者(故人)の出生してから死亡までの戸籍謄本です。

また、相続人の戸籍謄本も必要です。

このほかに、遺産分割協議書、相続人全員の印鑑証明の提出も求められます。

これらの書類を各銀行の所定の用紙とともに提出します。

場合によっては必要な書類が異なることがあるので、事前に預貯金先の銀行に問い合わせるとよいでしょう。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る