相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

死亡一時金の請求について

死亡一時金の請求について

死亡一時金とは、保険料を3年以上納めた人が年金を受給する前に亡くなった場合に遺族に支払われる年金のことです。

この時、遺族基礎年金の受給該当者は死亡一時金を受け取ることはできません。

支給額は保険料納付済み期間によって定められています。

死亡一時金を受け取ることができるのは、故人と生計を共にしていた者で、故人の妻、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹です。

この順位に沿って支給され、自分より上の順位の人がいる場合には請求できません。

では、この請求に必要なものはなんでしょうか。

それは、請求者の住民票、死亡者の住民票除票、死亡者の戸籍謄本(死亡事項の記載があるもの)、請求者の戸籍抄本もしくは戸籍謄本など、死亡者との関係が判るもの、年金手帳、貯金通帳、認印、生計同一証明です。

これらの書類を住所地の市町村役場に提出します。

なお、死亡一時金の請求は、故人の死亡から2年以内に行わなければなりません。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

慣れない事で資料の提出が遅くなって迷惑をかけたにも関わらず、ていねいな対応が嬉しかったです。

時間はかかったものの的確な指導、助言を頂き大変助かりました。 無事に終わることができ、感謝しております。ありがとうございました。

税理士さんは、もちろんのこと、不動産のことで、司法書士さんにもお世話になり、ありがとうございました。 不動産の売却も、チェスターさんにお願いしているところですが、これも、良い値で早く売れることを願っています。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る