相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

埋葬許可証とは

埋葬許可証とは

埋葬許可証とは、遺骨をお墓に埋葬するときに必要な許可証です。

日本では、許可なく遺骨をお墓に埋葬することはできません。

必ず埋葬許可証の提示が求められます。

では、埋葬許可証はどのように交付されるのでしょうか。

まず、人が亡くなった時は死亡した土地か故人の本籍地、もしくは住所地の役場に対して死亡届を提出します。

この届出が受理されると、火(埋)葬許可証が発行されます。

この許可証がなければ、遺体を火葬してもらうことができません。

火葬が終わったのち、この許可証に火葬済みであることを示す認印を押してもらいます。

この認印付きの許可証が埋葬許可証となるわけです。

この許可証は、49日の法要が済んだ後遺骨をお墓に埋葬する際に、お寺の墓地なら住職に、霊園なら事務所の責任者に提出しなければなりませんので、大切に保管しましょう。

なお、この埋葬許可証は、故人の死亡から5年間保管することが法律で義務付けられています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

本当にお世話になりありがとうございました。小田原の不便な所まで来て頂きました。 ■■の■■様と■■様、チェスター鈴木様のおかげでやっとすべて終了できます。 また、何かありましたら、よろしくお願いします。鈴木純子様いろいろありがとうございました。

期間が短い中で効率的に手続きをしていただきました。 説明もわかりやすく、信頼できました。

こちらの質問や疑問に対しても適切で丁寧に答えていただき、安心しておまかせ出来ました。 以前母が亡くなった際には、個人の税理士さんにお願いしたのですが、納得のいかない申告だった為、今回はチェスターさんにお願いしましたが正解でした。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

面談時の
3密対策

ページトップへ戻る