相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

子の氏の変更許可について

子の氏の変更許可について

配偶者が死亡した際、復氏届を提出すると、その故人の配偶者は結婚前の姓に戻ることができます。

しかし、この届出では、配偶者との間に生まれた子供の姓や戸籍は変わりません。子供の姓を親と同じにし、同じ戸籍に入れたい場合に必要なのが「子の氏の変更許可」です。

まず、家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立書」を提出します。

この申立は、子供が15歳以上であるなら本人が、それ以下であるなら法的代理人(通常、親が担う)が行います。裁判所から許可が下りると、「許可審判所」が郵送されるので、それを添付して子供の現在の本籍地、もしくは親の本籍地または住所地の役場に「入籍届」を提出します。

この「子の氏の変更許可」には、子供の戸籍謄本、父母それぞれの戸籍謄本、申立人の印鑑、法的代理人の戸籍謄本が必要となります。

なお、氏を変更した場合でも、子供は成人してからもう一度自分で氏を選ぶ権利が与えられています。20歳になってから1年以内に申し立てをすれば、変更前の氏に戻ることができます。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続に関しては税金納入までとても満足でした。 銀行の手続きに印鑑証明の原物が必要で再度依頼しなければいけなくて手間でした。 最初から2部依頼して欲しかったです。 コロナの事もあり、まだ途中で今やっています。

始めは自分自身でしようと書類も集め出来るところまでしたつもりでしたが 税務署に行くと「不動産が複数あるのでとても自分でするのは無理ですよ。 今回きちんとした相続手続きをしておいてその資料をあなたの子供さんに置いておくということは 価値のあることですよ […]

父が突然に他界し、何の準備もなく相続開始となりました。また不動産の数、種類が多く権利関係が複雑なものがあり、事業収入、債務等、確認すべき項目が多岐に渡り、財産目録作成から神経を使う作業となりました。率直にとてもしんどかったです。チェスターさんへは何度 […]

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る