相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

未成年後見人とは

未成年後見人とは

未成年後見人とは、親権者の死亡などのために未成年者に対して親権を行うものがいない場合に、その未成年者の法的代理人を務める人のことです。

後見人に選任された者は、未成年者の監護養育、財産管理、契約などの法律行為を行います。

未成年後見人を選ぶ方法は二つあり、一つは、最後にその未成年者に対して親権を持っていた者が遺言などで指定する方法、もう一つは、申し立てにより家庭裁判所が選出する方法です。

家庭裁判所に申し立てを行えるのは、意思能力がある未成年者本人、未成年者の親族、その他の利害関係人です。

申立を行う際は、未成年者の戸籍謄本、未成年者の住民票または戸籍附票、未成年後見人候補者の戸籍謄本、未成年者に対して親権を行う者がないことを証する書面(親権者の死亡の記載された戸籍の謄本など)、未成年者の財産に関する資料(通帳の写しや残高証明書など)、利害関係人からの申し立ての場合は利害関係を証する書面が必要となります。

なお、申立前に何らかの書類が入手困難だった場合、それに関しては申立後に追加提出することもできます。

また、この未成年者後見人に一旦選任されると、正当な理由がない限り勝手に辞職することはできません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

今回申告までの期限が短い中大変ご足労いただきありがとうございました。 これからもよろしくお願い致します。

迅速、正確、ご丁寧な対応で作業を進めていただきまして誠にありがとうございました。 最初から最後まで一貫してクライアントを大事にして仕事をされていることが伝わってきて有難かったです。 何か困った時はまた是非相談させて下さい。

いつも丁寧にご対応頂けました。 物腰柔らかくお話して下さるので、安心してお任せできました。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る