相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

印鑑登録証の返還方法

印鑑登録証の返還方法

印鑑登録証の返還方法

転出や、死亡などに伴い、印鑑登録は自動的に廃止になります。

そのためお住まいからお近くの市役所や役場での窓口に変換する義務が生じます。

対象者は転出や死亡された方のみです。

そのままにしておかずに早期のうちに返還することをおすすめします。

相続の際に必要な書類や印鑑登録が必要な方も委任状があれば引き取れますが、死亡してしまった故人の場合には本人の取得が不可能ですので、代理人が受け取ることが可能です。

転出届の届出時にも返還する必要があります。

印鑑登録を登録する際に市町村での役場での手続き

印鑑登録を登録する際にも市町村での役場での手続きを行なうことを上げることが出来ます。

登録出来ない印鑑など、すでに他の方によって登録されている方は新たに登録することは出来ません。

また自分の氏名以外の物、氏名以外に職業、その他の事項を表している場合にも不可能になり、印鑑証明を登録する際には非常に細かい規定が有り、一人一個の印鑑しか登録ができなくなります。

しかし印鑑登録に使用される印鑑は三文判などを使用することも有ります。

あまり安すぎる三文判は登録できない事も有ります。

このように印鑑証明を廃止にすることは簡単ですが、登録の際にはそれなりに手続きを行っていきます。

印鑑証明を必要にしていた方は死亡時に確認しましょう

印鑑証明を提出すべき方は日本に滞在している外国人の方も当てはまります。

また印鑑証明書は自動車登録の際にも必要になり、車の保有者が国に分かりやすく証明することになります。

登録印影の複写を印鑑証明として交付する方式なども近年では必要とされています。

印鑑証明書はビジネスや会社、又は大きなお金を借り入れする際にも提出を求められることも有ります。

個人を証明できる重要な書類にもなりますが、用意できない方や登録がされていない方は死亡時に廃止にもなりません、故人の印鑑証明は無効になります。

事前に自分で印鑑証明が必要な問題を解決しておきましょう。

また相続の際には故人の印鑑証明の必要はなくなります。

他の諸外国では、電子認証や、電子証明書などに切り替えていて、このような書類をデジタル化している国も有ります。

日本では、偽造や、犯罪防止のために慎重に発行して、死亡の際には即廃止にしています。

また死後に利用された場合にも、その効力は亡く、故意に利用とすれば詐欺罪にもなりかねませんので死後の印鑑証明の取り扱いは不可能になりますので十分に注意して下さい。

このように死亡後には即返還することが必要になります。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る