相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

証券会社の名義変更の手続き方法

証券会社の名義変更の手続き方法

証券会社の名義変更の手続き方法は状況によって異なります。

自分で行うことも可能ですが、税理士に依頼することで簡単に手続きを完了することが可能です。

まずは最初に株式を発行している会社での手続きではなく、取引口座の銀行(証券会社)での手続きを行った後に、順を踏んで、株式の名義変更を行うようになります。

非上場株式の名義変更手続きは会社により異なる事があります、そのため数日を要することもあります。

株券電子化制度に移りましたので、証券会社で口座を管理している方のみ、証券会社で手続きを行うことになります。

この際に必要な書類は遺言書や遺産分割協議書、被相続人にかかる除籍謄本で出生から死亡までの戸籍、法廷相続人で分割されるときには相続人の戸籍謄本、相続人の住民票、又は本籍地が記載されているものがのぞましいです。

相続人の印鑑証明書は銀行から発行されて3ヶ月以内のものになります。

手続きの順序

手続きの順序として証券会社へコンタクトをとります。

そして記載すべき書類にすべて記載漏れがないように書き込ます。

このときに専門的な知識が必要になることもありますので、十分に注意して書き込みをしてください、わからないことがあれば税理士に相談することをおススメします。

信託銀行の時にも同じように手続きをおこなっていきます。

必ず金融機関から聞かれることは、まず初めに被相続人の亡くなった日から住所など生年月日や電話番号なくなった方や被相続人との関係です。

また投資している銘柄や、株数がわかる様であればスムーズに手続きを行うことが可能になります。

手続きが終わるまでに

相続人の皆様がすぐに集まることが可能であれば必要になる資料を集めやすくなります。

相続人の方の皆様に実印を押して頂く事になります。

手続きが終わるまでには証券会社によってかかる時間などにもよりますが、基本的には2週間から一ヶ月あればスムーズにすべての名義変更の手続きを完了することが可能です。

証券会社や信託銀行から郵送で名義変更完了通知が届きます。

専門的な知識が必要になりますが、相談することによって悩みや問題を解消することが可能です。

記載の仕方がわからない方や、相続や名義変更が始めての方にもわかりやすく、スムーズに進行することができるように、税理士への相談をおススメします。

また、相続人、すべての方が納得して、承諾する必要があります。

証券会社によっては必要な書類を他にも求められることなどもありますので、十分な準備が必要になります。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る