相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続関係説明図の作成方法と利用

相続関係説明図の作成方法と利用

相続関係説明図の作成方法と利用

相続関係説明図(家系図)の作成は慎重に戸籍を調べて調査していくことが大切です。

戸籍を調べていくことで分かる自分の先祖を確認することで家計図の作成を行うことが可能です。戸籍謄本は役所で取り寄せることが可能で、郵送なども行っていますので、非常に簡単に取り寄せが可能になります。

家計図を作成する意味として自分お家族がどこの出身で過去にどのようなことを行っていたかを知ることが出来るようにないます。

自分のDNAを調査する事なども可能で、昔はお見合いなどで戸籍を調査することは日常茶飯事でした。

今から4代、5代まで家計図を作成しさかのぼることで江戸時代の自分の家族などまでさかのぼって家系図を作成していくことになります。

家計図を以前に家族が作成している

由緒のある一家であれば家計図を以前に作成している家もありますので、先代まで調べ上げれば、その後は先祖が残した家計図と認証していくことで、何十代も前の先祖を調べ上げ、家計図を作成することが可能になります。

相続関係図を十分に行っていくことでそれなりの時間を要することになりますので、時間と手間がかかることになります。

調査を専門家に依頼したときには、戸籍謄本の収集を行っていくことが大切です。戸籍謄本を調査して自分の家庭にある家系図を参考に作成していきます。

また家系図を作成しておくことで後の子から孫、又は曾孫までの代へのしっかりとした相続を行うことが可能になります。

自分の家族の未来を考えたときに大切な自分の家族への相続を正しく行っていきたい方にはこのような手続きを行っていくことが可能になります。自分で必ず相続人が確定すると相続関係説明図を作成します。

自分の家庭の良さを見直すことも可能

相続関係説明図は家系図のようなものですが、亡くなった方(被相続人)の相続人を特定し説明するものなので、亡くなった方(被相続人)の本籍・住所、亡くなった方(被相続人)と各相続人の関係、各相続人の出生年月日・住所を記載します。

家計図がすでにある方で、細かい調査を行いたい方も相続関係説明図を作成しておくことをおススメします。

自分の家柄や家系を知ることによって自分の家庭の良さを見直し、また自分の家族の将来の方向性を見極めていくことが可能になりますので、専門的に調査を依頼する価値のある図になります。

近年では家庭を見直すためにこの図を作成し、大切に家に保管されている方も多くいます。そのためこのような調査を行っておくことで自分の家を見直し、先祖に感謝することが可能になり相続に利用することができます。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る