相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続関係説明図の作成方法と利用について

相続関係説明図とは

相続関係説明図とは、文字通り被相続人と相続人の関係を説明するために作られた図、つまり、亡くなった方の遺産を相続する相続人が誰なのかをわかりやすくまとめたもののことです。

相続関係説明図を利用する典型的な例としては、不動産についての所有権移転登記(相続登記)を申請する場合です。

相続登記の申請にあたっては、故人の出生から死亡までのすべての連続した戸籍を収集しなければなりませんが、この戸籍については、収集に大変手間がかかるのが通常(ご結婚されている場合には少なくとも2セットの戸籍が必要となります。更に故人に離婚のご経験があったり、旧民法における「分家」などがされていた場合には、戸籍の収集・読み取りが大変困難となります)である一方、銀行口座の凍結解除や名義変更など様々な場面で利用します。

そのため、戸籍を不動産登記申請の際に提出してしまうと、再度戸籍を収集しなければなりません。このときに、相続関係説明図を法務局への提出書類に添付することで、戸籍の原本還付を受けることができるようになるのです(なお、申請書に原本還付を希望する旨を記載する必要があります)。

相続関係説明図の作成方法と書き方

相続関係説明図を作成するには、被相続人(亡くなった方)の出生から死亡までが記載されている戸籍謄本と住民票、相続人の戸籍謄本と住民票が必要です。
被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本が必要なのは、相続人の確定を行う必要があるためです。出生から死亡までの戸籍を読み解いている中で、これまで知らなかった相続人の存在が明らかになる可能性もあります。

作成方法は、手書きでもパソコンでも問題ありませんパソコンでの作成が必要と誤解されている方がおられる時がありますが、それは完全な間違いです。
相続関係説明図は手書きであっても、全く問題はありません。

相続関係説明図に記載するのは、相続権がある相続人だけです。家系図とは違い、相続権がない人は同居する家族であっても記載する必要はありません。記載方法としては被相続人の名前と作成者を書きます。

また、被相続人名、出生年月日、死亡年月日、最後の本籍、最後の住所を記入します。

そこから、被相続人との関係を示す線(婚姻関係か離婚した関係なら二重線、婚姻していなければ一重線)を引き、相続人名、出生年月日、住所を記入します。相続人名上部には、相続人であることがわかるよう明記しておきます。

相続関係説明図の作成用資料の収集

相続関係説明図の作成は全て戸籍謄本・除籍謄本・住民票・戸籍の附票に基づいて行います。
相続人の構成によっては、世代を遡って戸籍をそろえなければならない可能性もあるため、代襲相続や兄弟姉妹が相続人の場合など相続人が複雑化している場合は、費やす時間や労力を考慮し、専門家に依頼をするのも一つの方法です。

登記申請自体は、申請人ご本人または司法書士が代理申請しますが、相続手続きにおいて最も手間がかかる戸籍の収集と読み解き、相続関係説明図や遺産分割協議書の作成は、プロの行政書士が非常に優れています。

登記申請は法律制度上、司法書士に独占業務権があるので、司法書士が代理せざるを得ないことになっていますが、行政書士に依頼すれば、登記申請だけは提携の司法書士に依頼するなどの方法で相続手続きを円滑におこなってもらうことができます。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る