相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

被相続人の原戸籍謄本とは?(はらこせき、げんこせき、改製原戸籍)

被相続人の原戸籍謄本とは?(はらこせき、げんこせき、改製原戸籍)

1.原戸籍謄本は何のために必要なの?

原戸籍謄本、あまり聞かない戸籍の名前ですが、皆さんが普段よく見る戸籍は、「戸籍謄本」であり、今現在の戸籍内容を示すものです。

しかし相続が発生すると、誰が亡くなった人の法定相続人なのかを確認する必要があり、その際に通常の戸籍謄本ですと、過去の情報が分からないため、情報が不足することになります。

そこで必要となるのが、原戸籍謄本(改製原戸籍)です。原戸籍が通常の戸籍謄本と異なる点は、「過去の履歴」が記載されている点です。例えば、いつ子供が生まれて、いつ結婚して、いつ本籍地を移したか、等といった情報です。

この過去の経緯が記載された原戸籍謄本を取得することで、被相続人の死亡から出生までの経緯を遡り、法定相続人の人数を確定するのです。

2.なぜ原戸籍が求められるのか?

たとえば金融機関に銀行口座解約の手続きに行くと、必ずこの原戸籍の提出を求められます。

これは被相続人のお金を預かっている金融機関としては、万が一、法定相続人以外の人に預金を払い戻してしまったりすると大問題になりますので、きちんと公的な書類である原戸籍の提出がない限りは、相続手続きを行うことができないのです。

これは預貯金に限らず、有価証券や不動産の名義変更手続きについても同様です。

3.遠隔地に本籍地がある場合には郵送で請求できるか?

実際に原戸籍を取得する時に困るのが、本籍地が遠方にあり、なかなかその市区町村役場まで出向くことが難しい場合です。

そのような場合には、日本全国の市区町村役場、全て、郵送による請求が可能ですので、わざわざ現地に行く必要はないのです。

また税理士や司法書士、行政書士等の専門家は職権で、業務の必要性に応じて戸籍取得を代理で請求することが可能ですので、仕事で戸籍収集が難しい等の理由がある場合には、少し手数料が必要となりますが、専門家に相談してみてもよいでしょう。

4.相続手続きの出発点は戸籍の収集から

相続が起きると、様々な手続きを行っていく必要がありますが、その手続きを行うにあたってのスタートは、やはり戸籍の収集となります。

大半の相続手続きで、原戸籍等の提示が求められるため、まずは戸籍の収集を行い、亡くなった方の出生から死亡までの経緯が繋がる戸籍を収集しましょう。

また1部だけですと、手続きの際に時間がかかることもあるため、できれば2セットか3セット程、余分に取得しておくと手続きがスムーズに進みます。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る