相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続手続きを代理人が行う方法

相続手続きを代理人が行う方法

相続手続きを代理人が行う方法としては裁判所へ特別代理人の申請を行う必要があります。

特別代理人の選任申立手続きは相続人の中に未成年者がいる時や身体障害者や、精神障害者の相続人が遺産分割協議に参加できない時に使用することになります。

相続手続きを行っておけば被相続人が残した遺産を上手に分割することが出来、皆様が納得して相続手続きを完了することが可能です。

特別代理人の選任を請求するには家庭裁判所への提出を行うことになります。

注意点として親権者も共同相続人の場合、たとえば、父がなくなった時に母と未成年者の子供が相続人になるとしたときに子供と母親の利益は相反している状態ですので母は子供の特別代理人になることは出来ません。

遺書がある時には遺書に従って手続きを行いましょう。

遺書はアメリカなどでの相続では欠かせないものになります。

遺書の内容が遺産の分割を行うことは確実です。

遺書がない時には州の裁判プロベイトによって遺産分割を決められてしまいますので遺書が大変重要な参考書類になることは間違いありません。

そのため遺書を十分に意識した相続を行っていくことになります。

相続権がない場合には相続を受けることが不可能ですが、特別代理人が家庭裁判所に認められたときには遺産を代理にて受け取ることが可能になりますので、注意してください。

自分で確かめて相続を行っていくことが求められます。

相続は相続人同士でしっかりどの財産を分割するのかを協議していきます。

遺産分割協議にて十分に財産の価値を調査しておくことも重要です。

手続きには期間は決められていません

相続の際にはいつまでに行なくてはならないなどの規定は決められていません。

そのためいつでも自分が裁判所に申請書や遺産分割協議書を提出することもできますが、相続の放棄はなくなった日から3ヶ月の間に相続放棄の申請を行うことが求められます。

十分に自分で手続きを行うには他の相続人とのしっかりとした話し合いが求められます。

十分に相続に関しての知識と専門的なアドバイスが必要になります。

初めての方は必ず専門家に相談し、自分に有利な相続を行うことをおススメします。

またこの相続の権利から自分で解決できない方は自分なりにしっかり解決をしていくことをおススメします。

相続についての悩みも相談することが出来ます。

相続は他の相続人と後にトラブルにならないように慎重に進行していく事が求められます。

そのため十分に適当な相続を行うことが出来るように手続きを進めていきます。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る