相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

葬儀のマナーについて

葬儀のマナーについて

亡くなられた方の通夜や葬儀に参列する際、しっかりとマナーをわきまえ、故人や遺族に失礼のないようにしたいものです。

葬儀に参列することは日常生活の中でもそう多くないはずですが、だからこそ余計にマナー知識を身につけ、いざと言う時に慌てふためかないようにしたいものです。

通夜ではどのようなマナーをわきまえるべきでしょう。

通夜に弔問する場合もともと喪服は不幸を予期していたということを表すためタブーとされてきていましたが、近年では通夜を日中行う習慣が少なくなったことから、喪服を着て行くのが基本となっています。

通夜の席ではご遺族の方にお悔やみの言葉をかけ、香典などは受付がある場合は受付の方に、受付がない通夜も多くあるのでその場合は祭壇にお供えします。

通夜の席では遺族の方は告別式の準備などで忙しくしていることが多い為、長居は避けましょう。

葬儀、告別式でのマナーも基本的には通夜の際のマナーと同じで、服装や身につけるアクセサリーには十分注意し、場の雰囲気に背く行動などを避けることです。

基本的な礼儀です。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る