年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

葬儀のマナーについて

葬儀のマナーについて

葬儀のマナーについて

亡くなられた方の通夜や葬儀に参列する際、しっかりとマナーをわきまえ、故人や遺族に失礼のないようにしたいものです。

葬儀に参列することは日常生活の中でもそう多くないはずですが、だからこそ余計にマナー知識を身につけ、いざと言う時に慌てふためかないようにしたいものです。

通夜ではどのようなマナーをわきまえるべきでしょう。

通夜に弔問する場合もともと喪服は不幸を予期していたということを表すためタブーとされてきていましたが、近年では通夜を日中行う習慣が少なくなったことから、喪服を着て行くのが基本となっています。

通夜の席ではご遺族の方にお悔やみの言葉をかけ、香典などは受付がある場合は受付の方に、受付がない通夜も多くあるのでその場合は祭壇にお供えします。

通夜の席では遺族の方は告別式の準備などで忙しくしていることが多い為、長居は避けましょう。

葬儀、告別式でのマナーも基本的には通夜の際のマナーと同じで、服装や身につけるアクセサリーには十分注意し、場の雰囲気に背く行動などを避けることです。

基本的な礼儀です。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

密葬でも香典が必要か?

密葬でも香典が必要か? 近年「密葬」あるいは「家族葬」と呼ばれる簡易な葬儀が増えています。 様々な儀礼を省いた葬儀方法です。 密葬ないしは家族葬が増加した理由としては、特別な事情で公に葬儀を行うことが出来ないといったケースもありますが、多くは近しい身 […]

お墓、墓地の相続税評価

お墓、墓地の相続税評価 相続税の納付にあたっては、相続財産を評価することが必要となります。 相続財産は原則として、相続開始時の時価で評価することとなっています。 そして時価評価の基準は、公平な課税徴収のために、国税庁のルール(財産評価基本通達)に従う […]

法事の費用について

法事の費用について 四十九日や一周忌といった法事を行う際には、会食や引き出物に要する費用はもちろん、それ以外にも様々な面で費用が必要となります。 例えば、新しい仏壇や墓、位牌、仏像、塔婆等を購入する場合、僧侶にお願いし、開眼供養を行わなければなりませ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る