相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

葬儀で使用する花の種類について

葬儀で使用する花の種類について

葬儀では枕花、花祭壇、供花など花が使われます。

昔からよく菊の花などが使われていましたが最近は、菊以外の花も使用されています。

葬儀で使う花の種類に決まりはあるのでしょうか。

昔から葬儀の際に使われている菊は、日本では古来から高貴の印とされ天皇の御紋にも使われています。

西洋では墓参に菊の花が用いられ、これらの影響をうけ葬儀でも菊の花が使われていたのです。

しかし、最近の葬儀では菊の花に限らず、洋花も使われるようになってきています。

昔から四十九日までは白一色、バラの花は使用してはいけないという考えもあったようですが、最近の葬儀では故人の好きだった花や遺族の希望により多種多様な花が用いられています。

基本的に使ってはいけない花というものはなく、特別な希望がない限りは、白を基本色としてそれに淡いカラーの花をアクセントに飾るのが一般的なようです。

故人が特に好きだった花がある場合や、遺族が希望する場合などはそれらの花を使うこともあります。

葬儀で使われる花は、もちろん造花ではなく生花のみです。

お花をお墓に供えたい時などは遺族の方にお伺いを立てても良いでしょう。

これは、宗教や宗派に関わらず共通して言えることです。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る