年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

葬儀の流れについて

葬儀の流れについて

葬儀の流れについて

葬儀とはもともと故人を供養するためでありますが、残された遺族の心の整理をつけるという意味でも非常に大切な儀式です。

葬儀の形式は時代とともに変化してきていますが、安心した故人とのお別れをするためにも葬儀の意味を理解し、その流れを知っておきましょう。

危篤状態を医師から告げられた際、最後にお別れをさせたいと思う方に連絡を取ることからその流れは始まると言ってもいいのではないでしょうか。

医師が死亡の宣告をしそれが御臨終となります。

悲しい中でも、たくさんの礼儀があるため気持ちを乱さず、冷静に立ち会いましょう。

死に立ち会った者全てで末期の水を故人の口に捧げます。

遺体の体を清払し、口や鼻、耳、肛門などには体液が漏れないように脱脂綿を詰める死後処理をします。

死亡診断書と死亡届は法律として定められた手続きですので、忘れることのないよう市区町村の役場に届け出をします。

遺体の着替えは宗教により異なりますが、仏式の場合経帷子に着替えさせ、遺体を安置します。

葬儀の打ち合わせは葬儀社と遺族の方で良く相談してください。

寺院や式場の場所、日程が決まった際には忘れず連絡をすることも必要です。

遺体を納棺し、通夜を行い、葬儀告別式をあげ、火葬により最後のお別れをします。

関連性が高い記事

密葬でも香典が必要か?

密葬でも香典が必要か? 近年「密葬」あるいは「家族葬」と呼ばれる簡易な葬儀が増えています。 様々な儀礼を省いた葬儀方法です。 密葬ないしは家族葬が増加した理由としては、特別な事情で公に葬儀を行うことが出来ないといったケースもありますが、多くは近しい身 […]

お墓、墓地の相続税評価

お墓、墓地の相続税評価 相続税の納付にあたっては、相続財産を評価することが必要となります。 相続財産は原則として、相続開始時の時価で評価することとなっています。 そして時価評価の基準は、公平な課税徴収のために、国税庁のルール(財産評価基本通達)に従う […]

法事の費用について

法事の費用について 四十九日や一周忌といった法事を行う際には、会食や引き出物に要する費用はもちろん、それ以外にも様々な面で費用が必要となります。 例えば、新しい仏壇や墓、位牌、仏像、塔婆等を購入する場合、僧侶にお願いし、開眼供養を行わなければなりませ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る