相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

神道の葬儀について

神道の葬儀について

神道の葬儀は、日本の葬儀で仏式に次いで2番目に多く執り行われてる葬儀の方法です。

神道の葬儀は仏式のものとそれほど大きな変わりはありませんが、いくつかの方法が変わってきます。

まず、仏式の通夜を神道では通夜祭と呼び、葬儀は葬場祭や神葬祭と呼びます。

作法の点で違うのは、仏式では焼香を行うのに対し、葬場祭では手水の儀、玉串奉奠と呼ばれる儀式を行います。

手水の儀とは、参列者の心身を清めるための儀式で御神水で手を洗い、口を清めます。

手水の作法のあと拝礼の作法があります。

拝礼は頭を2回下げ、拍手を2回打ちますが、この拍手はしのび手と言って音は立ててはいけません。

玉串奉奠とは、玉串案と呼ばれる祭壇で神官から玉串を受け取りその玉串を使っての作法です。

この玉串奉奠を行う順序は決まっており、斎主(神官)、副斎主、祭員、喪主、遺族、近親者です。

これらの作法が仏式の葬儀と異なるため、神道の葬儀に参列する場合は、これら作法マナーの知識を身につけておくようにしましょう。

通常の感覚とは違い、ある特定の行為が無礼にあたることもありえますので、注意が必要です。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る