相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

葬儀の挨拶について

葬儀の挨拶について

お通夜、葬式、葬儀では「忌み言葉」と呼ばれる「不吉」をイメージさせる言葉は弔辞では使いません。

死や不幸が繰り返すことをイメージさせる言葉は縁起が悪いですから、「繰り返し」を意味する言葉は使わないようにしましょう。

例:たびたび、再三、続いて、またまた、など。

お通夜、葬式、葬儀に弔問する場合、受付で挨拶をします。

あまり大きな声にならないように気をつけます。

「このたびはご愁傷様でございます。心よりお悔やみ申し上げます。」など短い挨拶をし、挨拶を言い終わったら、頭を深く下げます。

お通夜、葬式、葬儀の受付を担当する場合、弔問客から挨拶を受けてから、弔問に対してのお礼を言います。

葬式、葬儀で喪主の挨拶があります。

喪主の挨拶文の文例は本もたくさんありますし、インターネットで検索すればたくさん見つけられますので、参考にするといいでしょう。

喪主は葬式、葬儀の挨拶だけではなく、精進落としの席でもお礼の挨拶をします。

喪主のお礼の挨拶が終わってから、会食をします。

精進落としは親族の会食終了の挨拶をもって終了となります。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る