相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

葬儀の挨拶について

葬儀の挨拶について

お通夜、葬式、葬儀では「忌み言葉」と呼ばれる「不吉」をイメージさせる言葉は弔辞では使いません。

死や不幸が繰り返すことをイメージさせる言葉は縁起が悪いですから、「繰り返し」を意味する言葉は使わないようにしましょう。

例:たびたび、再三、続いて、またまた、など。

お通夜、葬式、葬儀に弔問する場合、受付で挨拶をします。

あまり大きな声にならないように気をつけます。

「このたびはご愁傷様でございます。心よりお悔やみ申し上げます。」など短い挨拶をし、挨拶を言い終わったら、頭を深く下げます。

お通夜、葬式、葬儀の受付を担当する場合、弔問客から挨拶を受けてから、弔問に対してのお礼を言います。

葬式、葬儀で喪主の挨拶があります。

喪主の挨拶文の文例は本もたくさんありますし、インターネットで検索すればたくさん見つけられますので、参考にするといいでしょう。

喪主は葬式、葬儀の挨拶だけではなく、精進落としの席でもお礼の挨拶をします。

喪主のお礼の挨拶が終わってから、会食をします。

精進落としは親族の会食終了の挨拶をもって終了となります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

いろいろ丁寧に処理を進めて下さり、大変ありがとうございました。

相続財産の金額の確定から、税額の落としどころまで、よくコミュニケーションをとって頂いたと思います。 大槻さんにも親身になって相続させて頂けたので、心強かったです。

大変しっかりとした説明で手続きを進めていただきました。 若い税理士さんでも、会社内で情報を共有しながら、しっかり真摯に対応してくださる感じで不安はありませんでした。 大変感謝しています。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る