相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

葬儀で使用する生花は?

h3>葬儀で使用する生花は?

葬儀ではたくさんの花を使って、故人との別れの式に彩りを添えます。

しかし、昔から葬儀に使われてきた花は菊の花が多く、葬儀に菊以外の花を使うことをタブーであると考えている人も少なくないようです。

実際に、葬儀で使う生花に決まりはあるのでしょうか。

日本で菊の花が葬儀に使われてい来たのは、菊が高貴の象徴であるということと、天皇の御紋としても使われていること、また西洋からの影響をうけてきた背景があります。

しかし、これが葬儀に使う花の決まりと言うわけではありません。

最近では故人が生前好んでた花を花祭壇や供花に使うようになってきました。

故人や遺族に特別な花への思いがなければ、基本的には白を基調とする花を用い、少し淡いカラーの花をアクセントに彩りを加えているようです。

最近では菊の花よりも、白いユリの花を使うことも多いようです。

ユリはその華やかさと豪華さで葬儀を執り行う側の遺族にも好まれている花のようです。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る