年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

埋葬とは

埋葬とは

埋葬とは

死亡したからといって、残された遺族が勝手に火葬したり、埋葬したりすることは法律で許されていません。

死亡してから7日以内に、死亡した場所か死亡者の本籍地か、届出人の居住地のいずれかの市役所に死亡届を提出します。

その際に死体火葬許可書交付申請書を提出し、死体火葬許可書を交付してもらいます。

申請欄に火葬場について書く欄があるので、申請前に火葬場を決めておきましょう。

戸籍関係の届出は365日24時間いつでも届け出ることができます。

火葬場に着いたら、死体火葬許可書を提出します。

火葬が終わったら、担当者が死体火葬許可書に証明印を押して返却してくれます。

これが納骨の際に必要な埋葬許可書になります。

埋葬許可書は法律で5年間保管することを義務付けられているので、紛失しないように気をつけましょう。

紛失しても、再発行してもらえません。

死体を墓に葬ることが埋葬ですが、現在日本では死体は火葬してから墓に入れるので、墓石の下にある納骨室に遺骨が入った骨壷ごと納めることが多いです。

墓を作らないで、寺や霊園の納骨堂に納める方法もあります。

多くの場合、葬儀が終わってから、しばらく自宅に遺骨を安置して、納骨します。

納骨する日が決まったら、事前に寺の場合は寺に、霊園などの場合は管理事務所に連絡して、納骨式当日に墓石をあけてもらい、納骨します。

その際に、埋葬許可書が必要ですので、忘れないようにしましょう。

納骨室または納骨堂に納骨したら、埋葬完了ということになります。

関連性が高い記事

密葬でも香典が必要か?

密葬でも香典が必要か? 近年「密葬」あるいは「家族葬」と呼ばれる簡易な葬儀が増えています。 様々な儀礼を省いた葬儀方法です。 密葬ないしは家族葬が増加した理由としては、特別な事情で公に葬儀を行うことが出来ないといったケースもありますが、多くは近しい身 […]

お墓、墓地の相続税評価

お墓、墓地の相続税評価 相続税の納付にあたっては、相続財産を評価することが必要となります。 相続財産は原則として、相続開始時の時価で評価することとなっています。 そして時価評価の基準は、公平な課税徴収のために、国税庁のルール(財産評価基本通達)に従う […]

法事の費用について

法事の費用について 四十九日や一周忌といった法事を行う際には、会食や引き出物に要する費用はもちろん、それ以外にも様々な面で費用が必要となります。 例えば、新しい仏壇や墓、位牌、仏像、塔婆等を購入する場合、僧侶にお願いし、開眼供養を行わなければなりませ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る