年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

仏壇の処分方法

仏壇の処分方法

仏壇の処分方法

近年、一人っ子の家庭が増え、長男長女の結婚も当たり前となってきています。

どちらかの家の両親が亡くなり、家や家財道具の処分をしなければならない場合等に、仏壇の処分をどのようにすればいいのか悩む家庭も多いでしょう。

また、新しく仏壇を購入する等して、仏壇を処分しなければならない場合もあるでしょう。

しかし、古い仏壇は、粗大ゴミに出すものではありません。

以前は、古い仏壇は寺院に持って行き、「お焚き上げ」を行うのが一般的でしたが、最近では、防災や環境問題等によって、お焚き上げが出来ない寺院も増えてきています。

そういった場合には、お焚き上げ供養処分料や引き取り料が必要とはなりますが、仏壇店に依頼して、供養処分してもらうことが可能です。

仏壇の引き出しに大切なものが残っていないか注意し、仏像や掛け軸、位牌等は仏壇点によって引き取ることが出来ないので、そういったものは寺院に納める必要があります。

また、供養処分料に関しては、仏壇の大きさによって異なり、引き取り料に関しても、自宅から引き取ってもらう場合や店舗に宅配や持参する場合といった、供養処分の受付によって料金は異なるので、予め確認しておく必要があります。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

密葬でも香典が必要か?

密葬でも香典が必要か? 近年「密葬」あるいは「家族葬」と呼ばれる簡易な葬儀が増えています。 様々な儀礼を省いた葬儀方法です。 密葬ないしは家族葬が増加した理由としては、特別な事情で公に葬儀を行うことが出来ないといったケースもありますが、多くは近しい身 […]

お墓、墓地の相続税評価

お墓、墓地の相続税評価 相続税の納付にあたっては、相続財産を評価することが必要となります。 相続財産は原則として、相続開始時の時価で評価することとなっています。 そして時価評価の基準は、公平な課税徴収のために、国税庁のルール(財産評価基本通達)に従う […]

法事の費用について

法事の費用について 四十九日や一周忌といった法事を行う際には、会食や引き出物に要する費用はもちろん、それ以外にも様々な面で費用が必要となります。 例えば、新しい仏壇や墓、位牌、仏像、塔婆等を購入する場合、僧侶にお願いし、開眼供養を行わなければなりませ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る