相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

仏壇の処分方法

仏壇の処分方法

近年、一人っ子の家庭が増え、長男長女の結婚も当たり前となってきています。

どちらかの家の両親が亡くなり、家や家財道具の処分をしなければならない場合等に、仏壇の処分をどのようにすればいいのか悩む家庭も多いでしょう。

また、新しく仏壇を購入する等して、仏壇を処分しなければならない場合もあるでしょう。

しかし、古い仏壇は、粗大ゴミに出すものではありません。

以前は、古い仏壇は寺院に持って行き、「お焚き上げ」を行うのが一般的でしたが、最近では、防災や環境問題等によって、お焚き上げが出来ない寺院も増えてきています。

そういった場合には、お焚き上げ供養処分料や引き取り料が必要とはなりますが、仏壇店に依頼して、供養処分してもらうことが可能です。

仏壇の引き出しに大切なものが残っていないか注意し、仏像や掛け軸、位牌等は仏壇点によって引き取ることが出来ないので、そういったものは寺院に納める必要があります。

また、供養処分料に関しては、仏壇の大きさによって異なり、引き取り料に関しても、自宅から引き取ってもらう場合や店舗に宅配や持参する場合といった、供養処分の受付によって料金は異なるので、予め確認しておく必要があります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

申告日ギリギリの中対応して下さり、とても助かりました。

分からない事をお電話でお聞きした時も、丁寧に対応して頂きました。ありがとうございました。

豊富な業務知識と申告書作成、納税の進捗度に併せ、的確なアドバイスを頂き遺漏なく納税を完了することが出来ました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る