相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

葬式で選ぶ花の注意点

葬式で選ぶ花の注意点

葬儀の際の花は「供花」と言われ、霊前に供える花のことを指し、生け花、花輪、造花等が供えられます。

また、果物やお菓子、ロウソク、線香といった品物に関しては、「供物」と言われ、供花と共に供えられます。

一般的な弔問客は香典のみのお供えで十分とされており、供花や供物は香典と同じ意味を持つので、二重に贈るものではないとも言われています。

しかし近年では、地域によって、もしくは、故人との付き合いの深さによって、香典と共に供花を供える場合も多くなってきています。

葬儀の花は、親族や親しい友人からは生花を贈り、近所の人や会社、団体等からは花輪を贈ることが多く、葬儀がとり行われる地方や利用される斎場によっては、花輪を飾らないところもあり、宗教によって、供花や供物に関する決まり事も見られます。

また、基本的には、菊や百合といった白い花を基調としますが、故人が好きだった花を取り入れてアレンジする場合もあります。

こういった点から、葬儀の花を贈る場合には、どういった状況であるか、親族に確かめる必要があります。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る