年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

葬式で選ぶ花の注意点

葬式で選ぶ花の注意点

葬式で選ぶ花の注意点

葬儀の際の花は「供花」と言われ、霊前に供える花のことを指し、生け花、花輪、造花等が供えられます。

また、果物やお菓子、ロウソク、線香といった品物に関しては、「供物」と言われ、供花と共に供えられます。

一般的な弔問客は香典のみのお供えで十分とされており、供花や供物は香典と同じ意味を持つので、二重に贈るものではないとも言われています。

しかし近年では、地域によって、もしくは、故人との付き合いの深さによって、香典と共に供花を供える場合も多くなってきています。

葬儀の花は、親族や親しい友人からは生花を贈り、近所の人や会社、団体等からは花輪を贈ることが多く、葬儀がとり行われる地方や利用される斎場によっては、花輪を飾らないところもあり、宗教によって、供花や供物に関する決まり事も見られます。

また、基本的には、菊や百合といった白い花を基調としますが、故人が好きだった花を取り入れてアレンジする場合もあります。

こういった点から、葬儀の花を贈る場合には、どういった状況であるか、親族に確かめる必要があります。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

密葬でも香典が必要か?

密葬でも香典が必要か? 近年「密葬」あるいは「家族葬」と呼ばれる簡易な葬儀が増えています。 様々な儀礼を省いた葬儀方法です。 密葬ないしは家族葬が増加した理由としては、特別な事情で公に葬儀を行うことが出来ないといったケースもありますが、多くは近しい身 […]

お墓、墓地の相続税評価

お墓、墓地の相続税評価 相続税の納付にあたっては、相続財産を評価することが必要となります。 相続財産は原則として、相続開始時の時価で評価することとなっています。 そして時価評価の基準は、公平な課税徴収のために、国税庁のルール(財産評価基本通達)に従う […]

法事の費用について

法事の費用について 四十九日や一周忌といった法事を行う際には、会食や引き出物に要する費用はもちろん、それ以外にも様々な面で費用が必要となります。 例えば、新しい仏壇や墓、位牌、仏像、塔婆等を購入する場合、僧侶にお願いし、開眼供養を行わなければなりませ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る