相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

葬式で選ぶ花の注意点

葬式で選ぶ花の注意点

葬儀の際の花は「供花」と言われ、霊前に供える花のことを指し、生け花、花輪、造花等が供えられます。

また、果物やお菓子、ロウソク、線香といった品物に関しては、「供物」と言われ、供花と共に供えられます。

一般的な弔問客は香典のみのお供えで十分とされており、供花や供物は香典と同じ意味を持つので、二重に贈るものではないとも言われています。

しかし近年では、地域によって、もしくは、故人との付き合いの深さによって、香典と共に供花を供える場合も多くなってきています。

葬儀の花は、親族や親しい友人からは生花を贈り、近所の人や会社、団体等からは花輪を贈ることが多く、葬儀がとり行われる地方や利用される斎場によっては、花輪を飾らないところもあり、宗教によって、供花や供物に関する決まり事も見られます。

また、基本的には、菊や百合といった白い花を基調としますが、故人が好きだった花を取り入れてアレンジする場合もあります。

こういった点から、葬儀の花を贈る場合には、どういった状況であるか、親族に確かめる必要があります。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

何もわからなかったのですが、親切に相談にのっていただき、とても助かりました。ありがとうございました。 もしこれからも何かあったら相談してもいいでしょうか。よろしくお願いします。

手続きの流れが良く解った事。

保険関係でどうしても理解出来ない事も丁寧に何度でも教えて頂き、有り難い事でした。 冷静で的確で良い感じを受けました。 本当にありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る