相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

葬儀における祭壇とは

葬儀における祭壇とは、葬儀会場正面に設置された壇のことであり、葬儀の際に最も目立つのがこの祭壇です。祭壇は目立つのみならず、葬儀の際にかかる全体の費用の内の大部分を占めると言っても過言ではありません。

本来祭壇は浄土をイメージしたものであって、浄土へ赴きたいとする願望を表現するものです。決して豪華にすれば良いというわけではなく、葬儀の規模や、故人の性格や要望、親族の葬儀に対する考え方などを深く考慮した上で、適した祭壇を選択すべきであり、それに加え、葬儀社と相談を重ねた上で決定します。

一般的な仏式の葬儀の祭壇でよく使われるのは、伝統的でシンプルな作りである白木祭壇と、花そのもので祭壇を組み上げて作られる花祭壇です。

白木祭壇は仏式祭壇とも呼ばれ、祭壇の上に花を飾る等の装飾が加えられ、頂いた供花を両脇に並べるといった形式が基本的です。一般的なタイプですと三段飾りと五段飾りの二種類があり、それぞれ1号から13号までのグレードを予算に応じて選択することができます。

花祭壇に関しては、季節によって花の制限があるものの、故人が好きな花を使用したり、同じような色合いで統一する、故人の人柄を偲ぶようなアレンジが加えられる等、幾通りもの演出形式があります。花祭壇は仏式の葬儀だけではなく、自由葬や音楽葬といった無宗教の葬儀にも使用されます。

一方で、近年ではキリスト教式や神式等の一般葬儀から社葬に至るまで、様々なタイプの儀式に対応できるシステムが備えられてきており、それに伴ってオリジナリティに溢れた葬儀や祭壇を希望する方も多くなってきています。

特に祭壇は、葬儀店によっても異なりますが様々な要望に応えるため数多くの種類が取り揃えられてきており、伝統を大切にしながらも新しさを取り入れた神式祭壇や、黒を基調に彩り豊かな花々で飾られ、宗派にも細かく対応しているキリスト教式祭壇、社葬や団体葬といった特別な葬儀のための式場用の大型祭壇、友人葬祭壇、法事用祭壇等、様々な祭壇があります。

価格もタイプによってかなり異なりますので、葬儀社と相談したり、カタログを見せてもらったりすると良いでしょう。

【参考】葬儀用語集

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る