相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

葬儀の受付でやること

葬儀の受付でやること

葬儀において、遺族や親族といった多くの人々が助け合い、それぞれが役割を受け持って、会葬者の対応をします。

そんな中でも、近所の人や会社関係の人といった第三者にお願いされる場合の多い受付係は、葬儀の会場において、会葬者に記帳して頂いたり、香典等を受け取って預かり会計係に渡すといった役割があります。

主な作業としては、会場のレイアウトや式の流れを把握し、芳名帳の各行ごとに番号を割り振ったり、筆記具を用意する等して式に備え、弔問客の応対を行う準備をします。

また、弔問客の質問に答えられるよう、式に関する予定時刻の詳細や、トイレや駐車場の位置等を把握しておく必要があります。

弔問客への挨拶が、受付係の大きな役割となりますが。

遺族に代わって弔問客の応対を行うので、言葉使いや振る舞いに関しても、遺族の立場として振る舞わなければなりません。

また、弔問客の記帳が終わり次第、会葬礼状や香典返しといった返礼品を渡します。

また、弔電を受け取った場合、記帳の後に進行係に渡し、お供物を受け取った場合には、会計係もしくは葬儀社のスタッフに渡し、祭壇に供えてもらいます。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る