相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

葬儀のお布施とは?相場はどのくらい?

お布施とは

葬儀のお布施とは、僧侶に対して、読経や戒名を頂いたお礼としてお渡しするものです。お礼としてお渡しするものであるため、直接的に「読経料」や「戒名料」といった呼び方はしません。

「御布施」という表書きをし、半紙に包む、もしくは水引を掛けずに白封筒に入れる等の状態でお渡しします。
相手方に不幸があったわけではないので、不祝儀袋は使用しません。
表書きは宗教によって袋の書き方が異なるため、どの宗教に対しても共通して使用できる「御礼」を使用する場合もあります。

お渡しする場合の渡し方は、直接手や床に置いてお渡しするのではなく、菓子折りやお盆に載せてお渡しするのが好ましいでしょう。

お布施の相場はどのくらい?

お布施の金額については、これといった定まった金額があるわけではありません。地域や宗派によって異なるものですので、相場については、葬儀社に予め尋ねておくと良いでしょう。

お通夜やお葬式に関して最初にお寺に連絡をする際に確認する人もいますが、金額を提示されずに、お気持ちでという形で言われる場合がほとんどで、かえって包むべき目安が分からないという方も多いです。

お寺や地域によってかなり異なるためあくまで目安として記載しますと、通夜から葬儀に至るまでの全てを含む御経料としてお渡しするお布施に関しては、20万円以上というのが一般的とされています。

最近では、お布施に包む金額に戒名料を含んだ形で支払うことも多く、その場合、戒名として頂いた名前のランクによって金額が異なってきます。

御経料と戒名料を含んだお布施の相場として、頂いた戒名が非常に一般的で最も多く使用されているものである場合には、25万円から50万円程度、その次のランクの戒名の場合は40万円から80万円程度、また次は70万円から、次は100万円からといった形で、宗派やお寺によって金額は異なるものの、戒名によって金額にも大きな差が見られます。

初七日、初盆、一周忌、三回忌、33回忌などの各種法事を行う場合もありますが、その都度お布施をお渡しすることになります。

【参考】葬儀用語集

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る