相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

葬儀の花輪について

葬儀の花輪について

葬儀の際、故人にお供えされる花を供花と言いますが、花輪も供花と同じような意味合いを持ちます。

遺族や親族が供花を用意し、花輪は近所や会社といった周りの人たちが用意するという形で、形式が明確に分けられている地域もありますが、最近では外観の問題上、花輪を禁止とする斎場も多く、遺族以外の人々からも供花を贈るのが一般的とされています。

花輪はスタンド花とも言われ、幅が120から160センチ程の扇形のもので、一般的に贈り主の名を示す札が付けられます。

一段のものであれば1万5千円程度から、二段のものであれば2万円程度から、オーダーすることが可能ですが、地域によって大きな違いが見られます。

出来上がりの寸法、使われる花の種類や本数、花の生け方、名札の大きさや字体、形、記述法まで、それぞれが花輪を用意する花屋によって異なります。

しかし、お祝い事で用意される花輪とは違い、葬儀の為に用意される花輪は、他の物と同じような作りが好ましく、花輪を並べる位置に関しても、上座や上座等が決まっており、喪主が順を決めることになっています。

その為、必ず葬儀社に確認を取り、斎場を通して手配しなければなりません。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る