相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

法事の費用について

法事の費用について

法事の費用について

四十九日や一周忌といった法事を行う際には、会食や引き出物に要する費用はもちろん、それ以外にも様々な面で費用が必要となります。

例えば、新しい仏壇や墓、位牌、仏像、塔婆等を購入する場合、僧侶にお願いし、開眼供養を行わなければなりません。

様々な仏具を購入するだけでは、何ら特別性のない物に過ぎませんので、開眼供養を行い、それらの仏具に魂を込めることで、初めて礼拝をする対象となるのです。

この開眼供養にかかる費用としては、仏具の借用代、供物や供花の費用、僧侶へのお布施が必要ですが、この際のお布施は、他の法要と並行して行う場合、他の法要に要する費用の半額程度を別に包む必要があります。

単独で開眼供養のみを行う場合には、年忌法要と同額程度を包むのが好ましいでしょう。

また、納骨法要に関しては、戒名をお墓に刻む、カロートを開けるといった、石材店にお願いする作業が発生してきますので、石材店への御礼が必要となります。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る