相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

葬儀会場はどこにすればよいか?

葬儀会場はどこにすればよいか?

通夜や葬儀を行うにあたって、自宅や斎場、宗派によっては寺院や教会、公民館や集会所といった公共施設、ホテル等が式場として利用されます。

斎場選びは、良い葬儀を執り行う上での大切な要素ですので、葬儀の形式や規模、葬儀費用の予算に合わせて、葬儀社と相談する等して、条件に合った会場を選びましょう。

通夜と葬儀は必ずしも同じ会場で行う必要はありませんので、通夜に関しては自宅で行い、葬儀のみを斎場や寺院で行うことも可能です。

近年最も多く利用されているのは、一般的に斎場と呼ばれている、葬儀専門である式場です。

斎場には、自治体が運営する公営ものと、葬儀社や寺院が経営する民営のものとがあります。

いずれの斎場においても、式の準備や後片付け等は斎場のスタッフが行ってくれるため、悲しみに暮れる遺族の負担も少なくて済むでしょう。

こういった斎場で式を執り行いたい場合、葬儀社に問い合わせると、条件に合った斎場を調べて手配してくれます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

遺産相続がこんなに大変な事とは思っていませんでした。 私自身勉強不足で今になれば後悔する事もあります。 先生方のお力で無事に終れて良かったです。ありがとうございました。

今回申告までの期限が短い中大変ご足労いただきありがとうございました。 これからもよろしくお願い致します。

丁寧かつ質問に対する回答が的確でわかりやすい。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る