年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

小規模宅地の特例を適用するなら相続税の申告は必須!申告書類と添付書類をご説明します。

小規模宅地の特例を適用するなら相続税の申告は必須!申告書類と添付書類をご説明します。

被相続人や被相続人の同一生計の親族の居住用や事業用の宅地には、一定の要件を満たすことで評価額が最大80%減額される小規模宅地等の特例という制度があります。

小規模宅地等の特例を適用するためには、相続開始から10ヶ月以内に相続税の申告を行う必要があります。相続税の申告書類はたくさんあり、いったいどの申告書が必要なの?

添付書類ってなに?と悩んでしまいますよね。小規模宅地等の特例を適用する場合に必要な申告書類と添付書類をまとめてご紹介します!

1.揃えておく必要がある添付書類

小規模宅地等の特例の適用を受ける場合には添付書類が必要となります。添付書類は状況等によって必要なものが変わります。

(1)小規模宅地等の特例の適用を受ける場合に必ず必要な添付書類

小規模宅地の特例を適用するなら相続税の申告は必須!申告書類と添付書類をご説明します。

(2)状況によって必要となる添付書類

① 別居の親族が小規模宅地等の特例を適用する場合

別居している親族が特例の適用を受ける場合には、要件を満たしていることを証明するための書類が必要です。

小規模宅地の特例を適用するなら相続税の申告は必須!申告書類と添付書類をご説明します。

② 被相続人が老人ホームに入居していた場合

小規模宅地の特例を適用するなら相続税の申告は必須!申告書類と添付書類をご説明します。

2.小規模宅地等の特例を適用するために必要な申告書類

小規模宅地等の特例を適用するために必要な申告書類は「第11・11の2表の付表」です。

小規模宅地等の特例の適用をうける宅地の種類によって提出する書類が異なります。

小規模宅地の特例を適用するなら相続税の申告は必須!申告書類と添付書類をご説明します。

(1)小規模宅地等の特例の基本パターン

①第11・11の2表の付表1「小規模宅地等についての課税価格の計算明細書」

特定の相続人が宅地を相続する場合や、貸付不動産の貸付割合が100%の場合は

第11表の11の2表の付表1に記載し、提出します。

【第11・11の2表の付表1の注意点】

複数の相続人がそれぞれ土地を相続し、小規模宅地等の特例の適用を受ける場合には、「選択した小規模宅地等」という欄、1枠に1人づつ記載していきます。

小規模宅地の特例を適用するなら相続税の申告は必須!申告書類と添付書類をご説明します。

書ききれない場合には、第11・11の2表の付表1(続)に記載してください。

小規模宅地等の特例の適用を受けない土地の相続人に関しては記載の必要はありません。

② 第11・11の2表の付表1と第11・11の2表の付表1(別表)

宅地を相続人同士で共有して相続する場合や、貸付不動産等の貸付割合が100%ではない場合には、第11・11の2表の付表と第11・11の2表の付表1(別表)に記載し、提出します。

(2)相続する財産の種類に応じて提出するもの(特別なケース)

以下は株式や山林を相続した場合に、評価額が減額される特例と小規模宅地等の特例を併用する場合に提出する申告書です。上記(1)と比較するととても特殊なケースです。

下記のケースに該当するような場合には、小規模宅地等の特例とそれぞれの特例の併用について税理士に相談することをおすすめします。

小規模宅地の特例を適用するなら相続税の申告は必須!申告書類と添付書類をご説明します。

小規模宅地の特例を適用するなら相続税の申告は必須!申告書類と添付書類をご説明します。 小規模宅地の特例を適用するなら相続税の申告は必須!申告書類と添付書類をご説明します。 小規模宅地の特例を適用するなら相続税の申告は必須!申告書類と添付書類をご説明します。

まとめ

小規模宅地等の特例における、添付書類と相続税申告書についてご紹介しました。土地や不動産は評価額の計算を間違えると相続税に大きな影響を及ぼします。

しっかりと評価額を計算し、適用できる特例は適用することで相続税を減額することが可能です。状況や相続する財産の種類によって、添付書類や申告書類が変わり、判断が難しいケース等もあります。

小規模宅地等の特例等特例の適用などを含め、相続税の申告書作成は相続経験の豊富な税理士に依頼することをおすすめします。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

小規模宅地等の特例とは ~概要・要件・質疑応答~

 相続税の各種特例のうち最重要と言っても過言ではない特例が、「小規模宅地等の特例」です。 小規模宅地とあるのでなんとなく土地に関する特例なんだろうなというのはわかると思います。 相続税専門の税理士が小規模宅地等の特例についてわかりやすく解説します。 […]

小規模宅地の特例において「同居」の意義

人の死はある日突然やってくるものですが、人が死ぬと直ちに相続が発生します。財産を相続した人は10ヶ月以内に相続税の申告と納付をしなくてはなりません。 この際に問題となるのが「相続人が被相続人と同居していた家」や「被相続人が事業のために使っていた土地」 […]

特定居住用宅地とは

1.特定居住用宅地等とは 特定居住用宅地等とは、小規模宅地等の特例の一つの類型です。小規模宅地等の特例には、他にも、特定事業用宅地等、特定同族会社事業用宅地等、貸付事業用宅地等という類型が存在します。その中で、被相続人等が居住していた家屋の敷地につい […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る