相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

制限納税義務者がいる場合の相続税の計算方法

制限納税義務者がいる場合の相続税の計算方法

制限納税義務者がいる場合の相続税の計算方法

相続税の納税義務者には、
“無制限納税義務者”、
“制限納税義務者”、
“特定納税義務者”の3種類があり、
制限納税義務者の場合には、日本国内にある財産についてのみ相続税の課税対象となり、日本国外にある財産については課税対象になりません。

この記事では、制限納税義務者が日本国内と日本国外の財産の両方を相続した場合に、具体的にどのように相続税を計算するかを解説したいと思います。

上記の図の「国内財産のみ課税」と記載されている部分のことを指します。

具体的計算例~ケーススタディ~

【身分関係の前提条件】

・被相続人
A(国内に10年以上住所なし)

・相続人
長女B(日本国籍・日本に住所あり)
長男C(外国籍・日本に住所なし)

ここで、Bは無制限納税義務者、Cは制限納税義務者となります。

【相続財産の前提条件】

国内財産
・預貯金1億円

国外財産
・預貯金1億円

相続人Bが
国内財産5000万+国外財産5000万=1億円

相続人Cが同じく、
国内財産5000万+国外財産5000万=1億円を相続したとします。

そうすると、ここで相続人Cが相続した国外財産5000万円については日本の相続税の課税対象外となります。
つまり、相続税の計算は以下の通りとなります。

課税財産:1億円(Bが相続したもの)+5000万円(Cが相続した国内財産)=1.5億円

1.5億円 - 4,200万円(基礎控除) = 108,000千円
108,000千円 ÷2 = 54,000千円
54,000千円 × 30% - 7,000千円 = 9,200千円
9,200千円×2 = 18,400千円(相続税の総額)

ここでのポイントは、制限納税義務者が相続した国外財産の金額は日本の相続税を計算する上で課税価格の総額に加えないということです。
つまり、この事例のケースでは、Cが国外財産1億円をすべて相続した方が日本の相続税の計算は有利になることが分かります。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

今回は、金融資産のみの相続税対応でしたので、税務署にやり方を問い合わせした所、 「ウェブページを見ながらやって下さい・・・」という回答でした。 しかし、自分達で間違い無くやれる自信が無く、御社を頼った次第です。 結果的に、さすがプロの仕事だ!と感服致 […]

疎遠だった親戚と仲良くなり、電話で雑談するようになりました。 何よりの遺産であり終活です。ありがとうございます。

仕事の進め方がていねいでわかりやすく、安心してお任せすることができました。 ありがとうございます。

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る