年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

小規模宅地(家なき子)の特例 改正により課税の適正化へ

小規模宅地(家なき子)の特例 改正により課税の適正化へ

小規模宅地(家なき子)の特例 改正により課税の適正化へ

平成30年税制大綱が公表され、この中で小規模宅地等の特例についても部分的に改正がなされました。
(この改正は、平成30年4月1日以後に発生した相続又は遺贈について適用されます。)

その中でも、「家なき子」と呼ばれる特定居住用宅地等に関する特例については、課税の適正化の観点から、下記に該当する場合は適用対象者から除外されることとなりました。
・相続開始前3年以内に3親等の親族等が所有する家屋に居住したことがある者
・相続開始時において居住の用に供していた家屋を過去に所有していたことがある者

例えば、従来は「一人暮らしの父と持ち家がある子Aが、父の自宅敷地について将来的に特例を適用するために自分の持ち家を兄弟である子Bに売却したが、子Aはその売却した家に子Bからの賃貸という形で住み続けた」場合、
子Aがその家を売却した後で3年を経過してしまえば、父親の自宅敷地について小規模宅地等の特例の適用を受けることが出来ましたが、今後は上記の適用除外項目が追加されたことにより、適用出来ないこととなります。

そもそも特定居住用宅地等に係る小規模宅地等の特例とは「ご自宅の土地については、相続人にとっても今後の生活基盤として重要なものであって、たとえ相続税の納税のためとはいえ、納税者がその宅地等を処分しなければならないという状況に陥る事のないように配慮するため」に設けられた制度です。
上記の例のように意図的に特例を適用可能とするための行為が認められるケースなど、その趣旨にそぐわない場合は特例の適用を認めないものとする事が今回の改正の目的のひとつであり、今後はより実態に照らした判断が求められる事となります。

納税者にとって小規模宅地等の特例は相続税額に大きな影響を与える特例であり、逆に言えば適用否認の際のリスクも高い規定になります。
適用の可否についてのご検討の際は、資料をお持ちの上で資産税に詳しい税理士にご相談頂く事をお勧め致します。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

小規模宅地等の特例とは ~概要・要件・質疑応答~

 相続税の各種特例のうち最重要と言っても過言ではない特例が、「小規模宅地等の特例」です。小規模宅地とあるのでなんとなく土地に関する特例なんだろうなというのはわかると思います。相続税専門の税理士が小規模宅地等の特例についてわかりやすく解説します。 1) […]

小規模宅地の特例において「同居」の意義

人の死はある日突然やってくるものですが、人が死ぬと直ちに相続が発生します。財産を相続した人は10ヶ月以内に相続税の申告と納付をしなくてはなりません。 この際に問題となるのが「相続人が被相続人と同居していた家」や「被相続人が事業のために使っていた土地」 […]

特定居住用宅地とは

1.特定居住用宅地等とは 特定居住用宅地等とは、小規模宅地等の特例の一つの類型です。小規模宅地等の特例には、他にも、特定事業用宅地等、特定同族会社事業用宅地等、貸付事業用宅地等という類型が存在します。その中で、被相続人等が居住していた家屋の敷地につい […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る