相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

小規模宅地(家なき子)の特例 改正により課税の適正化へ

小規模宅地(家なき子)の特例 改正により課税の適正化へ

平成30年税制大綱が公表され、この中で小規模宅地等の特例についても部分的に改正がなされました。
(この改正は、平成30年4月1日以後に発生した相続又は遺贈について適用されます。)

その中でも、「家なき子」と呼ばれる特定居住用宅地等に関する特例については、課税の適正化の観点から、下記に該当する場合は適用対象者から除外されることとなりました。
・相続開始前3年以内に3親等の親族等が所有する家屋に居住したことがある者
・相続開始時において居住の用に供していた家屋を過去に所有していたことがある者

例えば、従来は「一人暮らしの父と持ち家がある子Aが、父の自宅敷地について将来的に特例を適用するために自分の持ち家を兄弟である子Bに売却したが、子Aはその売却した家に子Bからの賃貸という形で住み続けた」場合、
子Aがその家を売却した後で3年を経過してしまえば、父親の自宅敷地について小規模宅地等の特例の適用を受けることが出来ましたが、今後は上記の適用除外項目が追加されたことにより、適用出来ないこととなります。

そもそも特定居住用宅地等に係る小規模宅地等の特例とは「ご自宅の土地については、相続人にとっても今後の生活基盤として重要なものであって、たとえ相続税の納税のためとはいえ、納税者がその宅地等を処分しなければならないという状況に陥る事のないように配慮するため」に設けられた制度です。
上記の例のように意図的に特例を適用可能とするための行為が認められるケースなど、その趣旨にそぐわない場合は特例の適用を認めないものとする事が今回の改正の目的のひとつであり、今後はより実態に照らした判断が求められる事となります。

納税者にとって小規模宅地等の特例は相続税額に大きな影響を与える特例であり、逆に言えば適用否認の際のリスクも高い規定になります。
適用の可否についてのご検討の際は、資料をお持ちの上で資産税に詳しい税理士にご相談頂く事をお勧め致します。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る