相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続税はクレジットカードで納付できるのか?!

相続税はクレジットカードで納付できるのか?!

クレジットカードで払える税金の種類が最近では増えてきています。
自動車税、固定資産税、住民税などの主に地方税と呼ばれる市区町村に納付する税金がその対象となっています。

相続税はクレジットカードで納付できない?

今まで「相続税」はクレジットカードで納付することができませんでした。
所得税のように、電子納税をすることもできません。

相続税の納付方法は2通りのみだった

(1)納付書を書いて金融機関の窓口で納付
納付書を自分で記載して(もしくは税理士に作ってもらって)、それを金融機関の窓口に持って行って納付を行います。
ATMやネット振り込み等には対応していません。
なお、金融機関は郵便局でも銀行でも信用金庫でも信託銀行でも、ほぼすべての金融機関で対応しています。
相続税の納付書の書き方は、「相続税申告における納付書の書き方」をご覧ください。

(2)税務署に現金を持参
税務署に納付書と現金を持参して納付を行う方法もあります。
ただ、金融機関から税務署まで現金を持ち歩かなくてはいけないため、盗難紛失リスクを考えますとあまりお勧めはできない方法です。

平成29年以降は相続税のクレジットカードで納付可能に!

平成28年税制改正において、相続税をはじめ各種国税のクレジットカード納付が可能となる旨が決まりました。

これにより、平成29年1月4日以降に納付を行う場合から適用となっています。
但し、上限金額は1,000万円までなので、それを超える納税額の場合は分割で支払うことも可能となっています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

HPの問合せから丁寧に対応して頂きました。税務処理も滞りなく進み、当方の相談にも親切丁寧にお答え頂き、不安や悩みなどの解消に繋がりました。心より御礼申し上げますと共に、貴社のご発展をお祈り申し上げます。

(1)とても分かり易く説明していただきました。 (2)相続人三人が中々揃う日が無かったのですが、御遠方から何度も来ていただいて助かりました。 (3)電話でも高齢の私に丁寧に応対して下さいました。これからも何か困る事ができましたら、相談させていただきた […]

何ぶん初めてのことなので、不安が多かったのですが、一任する形で出来、安心できました。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る