相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続税はクレジットカードで納付できるのか?!

相続税はクレジットカードで納付できるのか?!

クレジットカードで払える税金の種類が最近では増えてきています。
自動車税、固定資産税、住民税などの主に地方税と呼ばれる市区町村に納付する税金がその対象となっています。

相続税はクレジットカードで納付できない?

今まで「相続税」はクレジットカードで納付することができませんでした。
所得税のように、電子納税をすることもできません。

相続税の納付方法は2通りのみだった

(1)納付書を書いて金融機関の窓口で納付
納付書を自分で記載して(もしくは税理士に作ってもらって)、それを金融機関の窓口に持って行って納付を行います。
ATMやネット振り込み等には対応していません。
なお、金融機関は郵便局でも銀行でも信用金庫でも信託銀行でも、ほぼすべての金融機関で対応しています。
相続税の納付書の書き方は、「相続税申告における納付書の書き方」をご覧ください。

(2)税務署に現金を持参
税務署に納付書と現金を持参して納付を行う方法もあります。
ただ、金融機関から税務署まで現金を持ち歩かなくてはいけないため、盗難紛失リスクを考えますとあまりお勧めはできない方法です。

平成29年以降は相続税のクレジットカードで納付可能に!

平成28年税制改正において、相続税をはじめ各種国税のクレジットカード納付が可能となる旨が決まりました。

これにより、平成29年1月4日以降に納付を行う場合から適用となっています。
但し、上限金額は1,000万円までなので、それを超える納税額の場合は分割で支払うことも可能となっています。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る