相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続人代表者指定届が必要になるケースとは?

家族が亡くなった時には、残された家族が亡くなった人の財産を相続することになります。

このとき、「だれが財産をどれだけ相続するのか」ということがはっきりと事前に決まっていない場合には「相続人代表者指定届」という手続きが必要になることがあります。

ここでは、相続人代表者指定届の意味や、どのようなときに必要になるのかについて解説させていただきます。

 1.不動産の相続があった時には、相続した人に納税の義務が生じる

相続人代表者指定届が必要になるケースとは?

一定額以上の価値を持つ不動産を所有している人は、「固定資産税」という税金を負担する必要があります。

これまでは亡くなった人が負担して納税していた固定資産税も、その人が亡くなった後には相続をする人(相続人)が納税しなくてはなりません。

ですが、相続人がまだはっきりと確定していない場合には、相続人代表者指定届により相続人代表者を指定して税金の納付を行っておかなくてはなりません。

なお、固定資産税は市区町村に対して納付する税金で、その年の1月1日時点で登記簿上の所有権者となっている人に対して納付書が送られてきます(5月ごろに送付されます)

1月1日によりも後に相続が生じた場合に(つまりもとの所有者が亡くなった場合)には、市区町村に対して固定資産税納付に関する代表者を報告して納付を行わなくてはならないのです。

相続人代表者指定届が必要になるケースとは?

 2.相続人はすぐに決まるとは限らない

相続では親族間でトラブルが生じてしまうケースも珍しくなく、相続人が確定するまで数年〜10年以上の期間がかかってしまうことも少なくありません。

なかなか相続人が確定しないのは、相続財産が1つの不動産のみの時です。

相続財産が不動産のみの場合には、1つの不動産を1人が単独相続する形になると他の相続人が不公平だと感じてしまうことが少なくありません。

日本ではマイホームを持つことが慣習として定着しているため、預貯金の金額が少ないのに住宅などの不動産があるというケースが多いのです。

考えられる解決策としては、

相続人代表者指定届が必要になるケースとは? 相続人代表者指定届が必要になるケースとは? 相続人代表者指定届が必要になるケースとは? 相続人代表者指定届が必要になるケースとは?

といった方法が考えられます。

多くの場合こうしたトラブルの解決には長い時間がかかりますので、その間の相続財産の管理人として相続人代表者指定届を役所に出しておくことが必要なのです。

3.相続人代表者指定届を出していないと、役所はどのように対応してくる?

家族が亡くなった時には死亡届が出されますので、役所側も財産の所有者となっている人が亡くなったという事実を把握しています。

死亡届の書き方を確認しておきたい方は、下記をご参照してみてください。

3分でわかる死亡届の書き方~この通り書けば提出できます!

役所としては不動産などの財産がある場合には固定資産税を徴収しなくてはなりませんから、何らかの形で相続の代表者に対して納税の通知を出すことになります。

固定資産税の管理をしているのは市区町村ですので、それぞれの市区町村によって判断方法は異なります。

一般的には相続財産の所在市内に住んでいる人に通知を出したり、相続した分が多い人に対して出されたりするケースが多いです。

 4.納税をせずに放置しているとどうなるの?

財産を相続する人が固定資産税の納税を怠っていると、役所側は「取り立て」という方法で強制的に税金を徴収しようとします。

最初は郵便や電話といった形で督促が行われますが、それでも納税を行わずに放置していると役所側は不動産の差し押さえという形で強制的に徴収を行うこともあります。差し押さえというのは裁判所を通して財産の処分を禁止する措置のことです。

差し押さえに移行する期間はそれぞれの市町村によってさまざまですので一概には言えませんが、半年〜1年間という場合が考えられます。

差し押さえ後にも滞納を続けた場合には最終的に不動産を競売にかけて売却代金から固定資産税を徴収するという方法がとられることもあります。

 5.正式に財産を引き継ぐ人が決まるまでは、とりあえず2分の1にしておくなどの対処が必要

納税の手続きなどを誰も取りたくないというようなケースでは、思い切って不動産は売却してしまうことも検討してみる必要があります。

誰も住めないような状況の不動産であれば劣化が進む前に売却してしまった方が良い条件で売れることもあるためです。

先祖代々の土地や住居なのでどうしても他人に売ることはできないというような場合であれば、とりあえず正式に承継者が決まるまでは固定資産税は2分の1ずつ負担しておくなどの措置をとっておくと良いでしょう。

まとめ

相続に関してもめごとになる可能性が高いと判断される場合には、役所に対しての届け出(相続人代表者指定届)は早めに行っておくことがリスクを下げるためには必要といえるでしょう。

納税を長期間怠っていると相続する財産そのものを失ってしまう(前述のように役所により競売にかけられてしまうなど)こともありますので注意しましょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

当方の要望に対し、要領よく応答あり、満足した。担当者の態度良好でありました。今後も依頼したいと思いました。

突然の息子の死亡に際し、何から手をつけたらいいのか全く不明の中、 日頃交流のあった■■銀行・■■証券さんそれぞれに対処の方法について相談、いち早く■■の紹介(■■)あり。 一方■■とはセミナー(相続等)参加の経験もあり身近な関係にあった■■から御社の […]

田代先生は大変わかりやすく説明してくださり、飯塚様は何度もていねいな資料提出等のやりとりをしてくださいました。 また申告後も、土地売却に関して㈱チェスター様にスムーズに依頼することができ助かりました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る