相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続税の納税義務者

相続税の納税義務者

財産を相続した際、多くの場合には相続税と言うものが発生しますが、それではその相続税の納税義務者となるのは、どの立場の人かご存知でしょうか?

贈与または遺贈によって、財産を得た個人と言うふうに定義されている相続税の納税義務者ですが、大きく4つの区分に分類されています。

まず、居住無制限納税義務者。次に、非居住無制限納税義務者。他に、制限納税義務者と特定納税義務者という区分があります。

相続税納税義務者の定義には、「個人」という定義があります。法人などの場合は、法人自体が志望するわけではなく財産の相続ということが起こりえないためです。

しかし、特別に定められている団体において相続が発生した場合は、その団体を個人と見なして相続税が課税されます。

一般的に、株式会社などには法人税というものがかかるので、これらは相続税の課税対象ではありません。

相続税の課税対象である「個人」と見なされる団体を簡単にご紹介すると、宗教法人や学校法人など、営利目的でない法人等に財産を寄贈する場合は、相続税が発生します。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

担当の伊藤様には大変お世話になりました。 一連の手続きを自身で行うことを考えると気が遠くなりそうです。 やはりプロにお任せするのが一番だと改めて感じました。ありがとうございました。

期日に余裕を持って申告書の作成をいただけました。 質問事項にも的確に答えていただきました。 相続税納税済みですが、今後税務署からの問い合わせがないことを願うばかりです。ありがとうございました。

この度はご親切に対応して頂きありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る