相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続税申告における仮装隠蔽とは

相続税申告における仮装隠蔽とは

相続税の申告において、隠蔽や仮装があると判断された場合は、相続税の配偶者税額軽減措置を受けることができなくなってしまい、追加で不足分の税金を納付しなければなりません。

では、どう言った場合に仮装や隠蔽があると認められるのでしょうか。簡単な事例をご紹介しましょう。

平成2年に行われた裁判で、本来は存在しない借入金を相続税の課税対象として申告したことを仮装や隠蔽に当たるとした判決が下されました。

負債を相続した際は、債務控除と言って、支払うべき相続税の総額からその負債の金額が控除されるという制度があるのですが、本来存在しない借入金を負債控除の対象として申告し、調査の結果、請求した人物が架空の債権を相続したとして申告していたことが発覚し、追徴課税を行いました。

また、その他には住居として使われていない住所に住民票を移し、相続税を逃れようとしたことを隠蔽や仮装があるとみなして追徴課税をしたという例もあります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

担当の方がお話しやすい方で良かったです。 2年後の調査が入らなければ大満足です。 ありがとうございました。

有価証券などが多く大変ご苦労されたと思いますが、おかげ様で無事に相続税の申告と納税が終了しました。 わからない事や質問などにも迅速に対応いただき感謝しております。

相続税については、わからない事も多く、葬儀後は忙しいこともあって精神的にも早く申告しなくてはならないとあせる時期もありましたが、こちらの事務所にお願いして酒井先生にお会いしてからは、不安が徐々に解消され、最終的に「相続税申告書」を拝見させていただいた […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る