相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続税申告における仮装隠蔽とは

相続税申告における仮装隠蔽とは

相続税の申告において、隠蔽や仮装があると判断された場合は、相続税の配偶者税額軽減措置を受けることができなくなってしまい、追加で不足分の税金を納付しなければなりません。

では、どう言った場合に仮装や隠蔽があると認められるのでしょうか。簡単な事例をご紹介しましょう。

平成2年に行われた裁判で、本来は存在しない借入金を相続税の課税対象として申告したことを仮装や隠蔽に当たるとした判決が下されました。

負債を相続した際は、債務控除と言って、支払うべき相続税の総額からその負債の金額が控除されるという制度があるのですが、本来存在しない借入金を負債控除の対象として申告し、調査の結果、請求した人物が架空の債権を相続したとして申告していたことが発覚し、追徴課税を行いました。

また、その他には住居として使われていない住所に住民票を移し、相続税を逃れようとしたことを隠蔽や仮装があるとみなして追徴課税をしたという例もあります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

申告期限までの時間があまりないなか、松波様には細かく丁寧に処理をして下さり大変感謝しております。 未成年の息子にもベストな形で相続手続きができたと安心しているところです。 今回不動産の件に関しましては、ご迷惑をお掛け致しました。 今後、主人から受け継 […]

親切・丁寧・真摯に対応していただきました。 こちらに合わせて色々とアドバイスをくれたり、意見も聞いてくれました。 おかげで無事申告する事ができ感謝しております。本当にありがとうございました。

相続税申告をお願いしましたが、相続人となる両親は高齢で私共は遠方のためかなり無理をしていただいた事と思います。 時間外の電話連絡や休日の面談等にも対応してくださりました。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る