相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続税における特別障害者控除

相続税における特別障害者控除

相続税法において定められている相続税の障害者控除には、一般障害者控除と特別障害者控除という区分があります。

一般障害者は3〜6級の身体障害者手帳もしくは2級、3級の精神障害者保健福祉手帳を持っている者、または知的障害者と判定された者と定義されていますが、特別障害者は、1級、2級の身体障害者手帳もしくは1級の精神障害者保健福祉手帳を持っている者、または重度の知的障害者と判定された者という定義があります。

では、特別障害者の場合、相続税の控除額はどのようになるのでしょうか。

一般障害者の場合は6万円×相続が発生した時点から85歳になるまでの年数の金額が控除されますが、特別障害者の場合はその2倍の金額が控除されます。

つまり、12万円×相続が発生してから85歳になるまでの年数の金額が控除されると言うことになります。

一般障害者のケースと同様に、本人の相続税額を超過した場合は、その扶養者の相続税額から控除することもできます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

今回相続の手続きをするのは初めてのことでしたが、 最初の説明からわかりやすく丁寧にしていただき安心してお願いすることができました。 適時、電話やメールでアドバイスなどをいただきとても助かりました。 また機会があれば、お願いするつもりです。ありがとうご […]

基本的に相続税申告資料収集ガイドを参考に必要資料を準備して事務所にお邪魔したり、 メールでのやり取りで都度ご指示をいただきましたが、 担当の小柴様、吉田様には本当にご親切にご対応いただき感謝しております。  

常に迅速かつ繊密なコミュニケーションがとれた点、感謝しています。 大変質の高いサービスを受けられたと満足しています。 お世話になりありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る