相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続税における特別障害者控除

相続税における特別障害者控除

相続税法において定められている相続税の障害者控除には、一般障害者控除と特別障害者控除という区分があります。

一般障害者は3〜6級の身体障害者手帳もしくは2級、3級の精神障害者保健福祉手帳を持っている者、または知的障害者と判定された者と定義されていますが、特別障害者は、1級、2級の身体障害者手帳もしくは1級の精神障害者保健福祉手帳を持っている者、または重度の知的障害者と判定された者という定義があります。

では、特別障害者の場合、相続税の控除額はどのようになるのでしょうか。

一般障害者の場合は6万円×相続が発生した時点から85歳になるまでの年数の金額が控除されますが、特別障害者の場合はその2倍の金額が控除されます。

つまり、12万円×相続が発生してから85歳になるまでの年数の金額が控除されると言うことになります。

一般障害者のケースと同様に、本人の相続税額を超過した場合は、その扶養者の相続税額から控除することもできます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続税申告は自分で出来ると思い申告書に入っている説明を見ながらやっていましたが、途中でわからなくなりチェスターさんにお願いしました。 説明書に書いていない事まで事細かくしていただき、やはり素人では出来る事ではないと思いました。 相続申告完了後に送って […]

わかりずらいこともわかりやすく説明して下さりとても丁寧に対応していただきました。 書類到着や入金などの際もその都度お電話をいただき大変感激いたしました。 相談もしやすく話しやすい先生でした。

姉妹相続という案件に加え、複雑な親世代の土地問題もかかえていたので、困っていましたが、 丁寧な調査と説明をしていただき、助かりました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る