相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

子が全額相続した場合の基礎控除

子が全額相続した場合の基礎控除

相続税には基礎控除額があり、5000万円+1000万円×法定相続人の数で算出されます。総財産からこの基礎控除額を差し引いて、さらに上回る分の財産にのみ相続税が課税されることになっています。

相続税は基礎控除額が大きいことから相続全体の5%程度にしか相続税は発生しないと言われています。

配偶者と子供がいる被相続人が死亡して、その子が全額を相続した場合の基礎控除額はいったいいくらになるのでしょうか。

実際に相続し財産を取得した人数とは関係なく、法定相続人の数え方は民法に定められており、配偶者は常に法定相続人となり、配偶者と共に子供、子供がいない場合は父母、父母も他界などして存在しない場合には兄弟姉妹へと順次繰り下がります。

この場合子が全額相続したとしても法定相続人は配偶者と子の2人となり、基礎控除額は5000万円+1000万円×2で算出された7000万円になりこの分が非課税となります。

基礎控除額以内なら一人が全額相続したとしても相続税が課税されないということになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

長津さん、渋井さんともに知識が豊富で、当方の質問に対しては極めて迅速にご回答いただき、期限内に時間的余裕を持って相続税の納付ができました。大変感謝しております。

少し時間がかかりましたが、父の相続時のときと同様、ていねいな対応をしていただき、ありがとうございました。

いつもていねいに相談にのってくださり、安心しておまかせすることができました。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る