相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

障害者控除の計算上の端数処理

障害者控除の計算上の端数処理

相続税法において、障害者が相続によって財産を取得した場合には、納付すべき相続税の総額から控除を受けることができると定められています。障害者は一般障害者と特別障害者とに区別され、一般障害者の場合は6万円、特別障害者の場合は12万円を相続があったときから85歳に達するまでの年数にかけた金額が控除されることになっています。

では、この年数において端数が発生した場合、端数処理はどのようになっているのでしょうか。相続税法基本通達の中に記述があるのでご紹介します。

(障害者控除のための計算期間の端数処理)

19の4−5 法施行令第4条の4第4項第2号に規定する「当該前の相続開始の時から前号の相続開始の時までの期間に相当する年数」又は「当該前の相続開始の時から同条の規定の適用に係るその直後の相続開始の時までの期間に相当する年数」が1年未満であるとき又はこれに1年未満の端数があるときは、これを1年とするのであるから留意する。(昭47直資2−130追加、昭57直資2−177改正)(出典:相続税基本通達より)

つまり、相続税の障害者控除において、1年未満の期間は切り上げて処理されると言うことになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

父の死後、何もわからない中、相続に関する事務手続きの流れの説明から、始まりました。大まかな流れや、必要な期間がわかりかなり安心しました。書類を作製していただく過程で生じる私共の疑問や質問にも、都度、電話やメールで気持ち良く対応していただきました。おか […]

急な依頼にもかかわらず、笑顔で対応してくれ、不安な事があり何度連絡しても丁寧に答えてくれて安心しました。次の時もぜひとも指名させて下さい。本当にありがとうございました。

丁寧かつスムース。説明はクリアで、サービス範囲も合理的な選択を進めていただいた。必ずしもオフィスに伺わずとも手続きが進められたことも助かった。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る